ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 医療・健康 > 健康づくり > 食育ネット > 食育のキ・ホ・ン > 食育って何? > 赤ちゃんを授かる前から、食事って大事

本文

赤ちゃんを授かる前から、食事って大事

ページID:005408 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

妊娠中は、おなかの赤ちゃんの分まで、ママがしっかり栄養をとることが大切なのはもちろんですが、じつは、おなかの赤ちゃんがしっかり成長するには、妊娠前からのママの準備が必要なのです。

妊婦さん

妊娠前から気をつけておきたいこと

  1. 葉酸をしっかりとろう(1日400マイクログラム以上)
  2. 1日3食バランスよく食べる習慣をつけよう
  3. やせすぎや肥満を改善しよう

葉酸をしっかりとろう

神経管閉鎖障害発症のリスク低減と貧血予防のために、妊娠中に葉酸をしっかりとることが大切なことは、すでに「知ってるよ」という方も多いと思います。
貧血予防のためには、すべての妊娠期間で葉酸が必要となります。でも、神経管閉鎖障害発症のリスク低減のために、葉酸が一番必要となるのは、妊娠4から7週なのです。つまり、予定月経がこないことで妊娠に気づいた時には、すでにその時期に入っていることになります。ですから、妊娠に気づいてからではなく、妊娠する1か月以上前から(普段から)葉酸をしっかり(1日400マイクログラム以上)とっておくことをおすすめします。

<葉酸を多く含む食品例>

  • 緑黄色野菜(ほうれん草、チンゲン菜、ブロッコリー、かぼちゃなど)
  • 果物(いちご、マンゴー、オレンジなど)
  • 豆類(納豆、枝豆など)

1日3食バランスよく食べる習慣をつけよう

1日3食きちんと食べることは、妊娠前だけでなく、普段から気をつけてもらいたいことですが、みなさんはどうでしょうか。
妊娠中はおなかの中の赤ちゃんの分まで、きちんと食べようと思うママは多いと思います。でも、妊娠してから、いざ始めようと思っても、急には難しいものです。妊娠前から栄養バランスを意識して、3食しっかり食べることを習慣づけておくことが大切です。
とくに朝食はエネルギー供給に欠かせません。一日の始まりに食事をすることで、寝起きの脳と体が活動を開始し、代謝や消化吸収のリズムが整います。まずは、朝ごはんを必ず食べることから始めてみてください。

やせすぎや肥満を改善しよう

最近は、ダイエット志向の女性が増えており、やせすぎや肥満の認識が間違っている方も多いようです。まずは、今の自分の体型を確認しましょう。BMI(体格指数)を計算することで確認することができます。BMIは「体重(キログラム)÷身長(メートル)の二乗」で計算します。たとえば、体重58キログラム、身長160センチメートルの人なら、58÷(1.6×1.6)=約22.7となります。BMI18.5未満が『やせすぎ』、18.5以上25未満が『ふつう』、25以上が『肥満』です。ダイエット志向の女性の中には、『ふつう』や『やせすぎ』の体型なのにダイエットをしている方もいますが、必要ありません。
やせすぎや肥満の人は、食生活を見直し、妊娠前に『ふつう』体型に近づけておきましょう。

子ども保健課では「ママパパ教室」を実施しています。

前期コースでは栄養の話に加えて、だしの試飲もできます。

ぜひご参加ください!

 

問合先

子ども保健課 072-648-3272