ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

高槻市美術家協会のご紹介

ページID:004424 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

高槻市美術家協会の画像

高槻市美術家協会は、昭和36年に発足し、令和3年3月現在、日本画・洋画・立体造形・工芸・書道・写真・デザインの7部門に55名の会員が在籍しています。
「高槻市美術展」では第1回から、 出品作品の審査・展示に協力するなど、市民の美術文化の向上・発展に努めてまいりました。
また、秋の市文化祭での「高槻市美術家協会展」や、えきちかギャラリーで開催される作品展、現代劇場ロビーで毎月部門を変えて実施している作品展といった場で、年間を通じて各部門の会員による個性を生かした作品を数多く発表しています。
会員の多くは、全国公募展で活躍し、同好会や研究会、教室を主宰・指導するなどして、多くの市民に美術に触れる機会を提供しています。
市の文化祭を中心として、皆さまと広く芸術について交流出来る場を創ることが出来れば、と考えております。