ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 国民年金 > 国民年金の加入・届出 > 国民年金に任意で加入するときの手続き

本文

国民年金に任意で加入するときの手続き

ページID:005656 更新日:2023年4月1日更新 印刷ページ表示

任意加入の手続きについて

国民年金は、一定の条件を満たす場合、海外在住中、または60歳以降も希望により第1号被保険者と同様に、申し出た日から国民年金に加入することができます。

詳しくは、以下の「海外在住中に国民年金への加入を希望するとき」、「60歳以降も国民年金への加入を希望するとき」、または関連リンク・「日本年金機構ホームページ」をご覧ください。

海外在住中に国民年金への加入を希望するとき

海外に在住する20歳以上65歳未満の日本国籍の方は、希望により国民年金に加入することができます。

申請方法

窓口申請

持ち物
  • 基礎年金番号のわかるもの(年金手帳または基礎年金番号通知書など)またはマイナンバーのわかるもの(マイナンバーカードなど)
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)

注意:代理人(受任者)が申請する場合は、委任状及び代理人(受任者)の上記本人確認書類が必要です。

委任状の様式は、以下からダウンロードできます。委任状を任意の書式で提出する場合は、以下の様式と同じ内容の項目(基礎年金番号や委任事項など)を記載していただくことが必要です。以下の様式をご参照のうえ、委任状を作成してください。

委任状 (PDF:101KB) 

窓口

  市民課国民年金チーム(本館1階1番窓口)または支所(富田・三箇牧・樫田)

郵送申請

送付物

国民年金被保険者関係届書(申出書)

注意:マイナンバーにより申請を行う際の添付書類については、申請書の注意事項をご確認ください。

送付先

〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4-1-3大阪御堂筋ビル
日本年金機構大阪広域事務センターあて

(国民年金被保険者関係届書は、以下のリンクからダウンロードできます。)

国民年金関係届書・申請書一覧(日本年金機構ホームページ)<外部リンク>

60歳以降も国民年金への加入を希望するとき

次の方は、希望により国民年金に加入することができます。

  • 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
  • 老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方
  • 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方
  • 厚生年金保険、共済組合等に加入していない方

注意:年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の方も加入できます。ただし、付加保険料の納付ができるのは65歳までです。

申請方法

窓口申請

持ち物
  • 基礎年金番号のわかるもの(年金手帳または基礎年金番号通知書など)またはマイナンバーのわかるもの(マイナンバーカードなど)
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
  • 預貯金通帳、金融機関届出印
  • 退職日を確認できるもの(健康保険等資格喪失証明書など)60歳以降に退職し、厚生年金等の資格を喪失している場合に必要です。

注意:代理人(受任者)が申請する場合は、委任状及び代理人(受任者)の上記本人確認書類が必要です。

委任状の様式は、以下からダウンロードできます。委任状を任意の書式で提出する場合は、以下の様式と同じ内容の項目(基礎年金番号や委任事項など)を記載していただくことが必要です。以下の様式をご参照のうえ、委任状を作成してください。

委任状 (PDF:101KB)

窓口

  市民課国民年金チーム(本館1階1番窓口)または支所(富田・三箇牧・樫田)

郵送申請

原則、窓口でのご申請をお願いしております。郵送申請をご希望の場合は、市役所市民課国民年金チームへご相談ください。

関連リンク

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)