ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第2期高槻市文化振興ビジョン

ページID:004517 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

策定にあたって

本市では、文化芸術に関わる様々な人たちが連携、協力して文化芸術振興に取り組むための指針として、平成26年3月に「高槻市文化振興ビジョン」を策定し、心豊かな市民生活を実現するとともに高槻の魅力を一層高めるため、様々な文化芸術振興施策、事業を展開してきました。

ビジョン策定からこれまでの間、文化芸術を取り巻く環境は変化しています。平成29年に「文化芸術振興基本法」が改正され、「文化芸術基本法」が成立しました。文化芸術基本法では、年齢や障がいの有無などにかかわらず等しく文化芸術にふれることができる環境づくりや、様々な関連分野との連携が求められています。本市においても、子どもから高齢者まで、あらゆる人が生涯にわたって文化芸術にふれることができる環境づくりを進める必要があります。

そのようななか、これまでの取り組みを活かしながら、とりわけ子どもや青少年、障がい者や高齢者の方々に対して、さらに文化芸術に親しむ機会を拡充していくとともに、市民の活発な文化芸術活動への支援や令和5年春に開館予定の「高槻城公園 芸術文化劇場」を中心とした事業展開、様々な分野との連携など、市民の活力と都市の魅力を一層高めるような文化芸術施策を実施していくための指針として、第2期高槻市文化振興ビジョンを策定しました。

高槻市文化振興ビジョンの考え方

本ビジョンは、令和3年度から令和12年度を計画期間とし、本市の文化振興にあたっての基本的な考え方や施策の方向性を明らかにするものです。

第2期高槻市文化振興ビジョンは「市民の活力を高める文化」及び「都市の魅力を高める文化」の2つを柱として、4つの基本方針及び8つの施策体系に基づき、文化振興施策や事業を展開していきます。

「第2期高槻市文化振興ビジョン」は、ホームページのほか、文化スポーツ振興課(市役所総合センター8階)、高槻現代劇場、クロスパル高槻、生涯学習センター、行政資料コーナー(市役所本館1階14番窓口)、各図書館などでご覧いただけます。

実施計画について

本ビジョンでは、施策の着実な推進を図るため、実施計画を策定することとしています。

実施計画は、第2期高槻市文化振興ビジョンで示した4つの基本方針及び8つの施策体系に基づき、担当課が展開していく施策や事業を総合的・体系的に示すものです。

第2期高槻市文化振興ビジョンに掲げる「市民の活力を高める文化」、「都市の魅力を高める文化」の実現に向けて、毎年、実施計画の進行管理を行い、計画の実効性確保に努めます。

第2期高槻市文化振興ビジョン前期実施計画(PDF:648.9KB)

実施計画の進捗状況について

年度ごとに進捗状況報告書を作成し、掲載します。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)