ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり > 都市づくり > 計画 > 都市整備 > 社会資本総合整備計画 > まちづくり事業に関する社会資本総合整備計画

本文

まちづくり事業に関する社会資本総合整備計画

ページID:003793 更新日:2022年8月23日更新 印刷ページ表示

社会資本整備総合交付金

社会資本整備総合交付金は、道路、港湾、治水、下水道、海岸、都市公園、市街地整備、住宅及び住環境整備等といった政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を国が総合的・一体的に支援する制度です。

国土軸に位置する高槻の新たな広域交流拠点の形成

高槻インターチェンジエリア(成合南地区)は、新名神高速道路と名神高速道路が唯一交差する国土軸に位置しており、抜群の交通利便性を有しています。

本市では同地区を都市計画マスタープランにおいて「広域交流拠点」に位置付け、本市の新たな玄関口にふさわしい土地利用へ誘導し、計画的な公共施設の整備によって良好な市街地環境の形成を図るため、社会資本総合整備計画を下記のとおり作成し、事業を進めております。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)