ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

高槻市舞踊協会のご紹介

ページID:004426 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

高槻市舞踊協会は、平成元年に発足し、現在11団体、約600人が加盟しています。
わが国の伝統芸能の一つ、日本舞踊を保存・継承しようと、活動しています。
舞踊は健康やストレス解消にも良く、市内約50か所のけいこ場で、熱心にけいこに励んでいます。
毎年、春には、摂津峡公園の桜まつりで、華やかな「花見おどり」を披露し、花見気分を盛り上げます。
夏には、高槻まつりのおどり連に参加。秋の市文化祭では、各団体がけいこの成果を披露しています。
2年に1度、6月に開催する「舞の祭典」では、おとぎばなしや古今物語などを舞踊化し、発表しています。
また、老人ホームの訪問をはじめ、コミュニティセンターなどの盆踊りや敬老会、文化祭など、 積極的な地域活動を行っています。 舞踊を通して豊かな人間関係を築こうと、今後も地域に根ざした多彩な活動を行っていきます。