ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

凍り豆腐の甘酢あん

ページID:004860 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

凍り豆腐の甘酢あんの写真

凍り豆腐は、昔、高野山で冬に外に豆腐を置きっ放しにしたことから偶然にできたものと言われていて、「高野豆腐」とも呼ばれます。長期間の保存ができ、煮物やちらしずしなどに使われます。

材料(4人分)

  • 凍り豆腐 2こ
  • かたくり粉 大さじ3
  • あげ油 適量
  • 豚肉(スライス) 100グラム
  • たまねぎ 中1こ
  • にんじん 中2分の1本
  • たけのこかんづめ 50グラム
  • サラダ油 小さじ3分の2
  • むき枝豆 25グラム
  • 塩 小さじ3分の1
  • 酒 小さじ2分の1
  • 酢 小さじ1.5
  • さとう 大さじ1.5
  • しょうゆ 大さじ1強
  • だし汁 3分の2カップ

作り方

(1)

だし汁をとっておく。

(2)

凍り豆腐はもどして水洗いし、軽くしぼって厚みを2分の1にし、たてに1本、横に2本包丁を入れ、1こを12切れに切り、かたくり粉をまぶして油であげる。

(3)

にんじんは、0.3センチメートル厚さのいちょう切りにする。
たまねぎは、2センチメートルの色紙切りにする。
たけのこは、1×2センチメートルの短冊切りにし、ゆでる。
枝豆は、ゆでて、さやから出しておく。
豚肉は、小口切りにする。

(4)

酒、酢、さとう、しょうゆを合わせておく。

(5)

鍋を熱し、サラダ油をなじませ、豚肉をいためる。塩を加え、にんじん、たまねぎ、たけのこの順にいため、だし汁を加える。

(6)

材料がやわらかくなったら、(2)、(4)、むき枝豆を加えて混ぜ、味をととのえて仕上げる。