ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

高等職業訓練促進給付金のご案内

ページID:002987 更新日:2022年4月14日更新 印刷ページ表示

母子家庭の母および父子家庭の父が、看護師等の資格取得のために1年以上(※)の養成機関で修業している場合に、一定期間、高等職業訓練促進給付金を支給しています。また、養成機関修了時には高等職業訓練修了支援給付金が支給される場合があります。(支給要件あり)

(※)令和3年4月1日から令和5年3月31日までに修業を開始する場合に限り、訓練期間が6か月以上のデジタル分野等の民間資格も給付対象となりました。

申請できる方

市内在住で次の要件のすべてを満たす母子家庭の母および父子家庭の父

  • 児童扶養手当を受けている方と同等の所得水準の方
  • 修業年限1年以上(※)の養成機関において一定の課程を修業し、対象資格の取得が見込まれる方
  • 就業または育児と修業の両立が困難であると認められる方
  • 過去にこの促進費を受給していない方

対象資格

看護師(准看護師)・介護福祉士・保育士・理学療法士・作業療法士・歯科衛生士・美容師・社会福祉士・製菓衛生師・調理師・デジタル分野等の民間資格(※)

支給額

高等職業訓練促進給付金

  • 月額100,000円(住民税非課税世帯) 最後の12か月分は月額140,000円
  • 月額70,500円(住民税課税世帯) 最後の12か月分は月額110,500円

修了支援給付金

  • 50,000円(住民税非課税世帯)
  • 25,000円(住民税課税世帯)

支給期間

高等職業訓練促進給付金

資格取得に必要な修業期間の全期間(申請のあった月からの支給となります。)
※支給期間の上限は4年間です。

修了支援給付金

修了後、指定の期日までに申請してください。


子どもの発達・障がい