MY LIFE,MORE LIFE.
読み込み中...
子育て・教育
ADVANCED EDUCATION,MORE LIFE.

ADVANCED EDUCATION,MORE LIFE.

幼稚園・保育園から子どもの成長に応じた子育て支援。
市内大学と連携し、充実した教育環境です。

子育て・教育は、子どもにとっても保護者にとっても、本当に大切な時間です。
高槻市では、手厚い子育て支援と充実した教育環境で、子育て世帯を全面的にサポートしています。
例えば、子どもの医療費助成。現在は中学校卒業までのところ、2020年4月からは18歳まで拡充されます。
教育では、市立小学校の35人以下学級編成を大阪府内で最も早く実現したほか、市立小中学校での温かい給食の提供など、
学習に集中できる環境整備に力を入れています。
市内には多くの大学が存在し、大学と連携した「夏休み子ども大学」など、子どもの知的好奇心を刺激し、
学習意欲の向上を図る取り組みを行なっています。

check!

仕事と⼦育てを両⽴できる街を⽬指し、子どもの成長と、
時代に応じた子育て支援を行っています。

中学校卒業まで(2020年4月からは18歳まで)利用できる
医療助成など、⼦育て世代をサポートする様々な制度が整っています。

⾼槻⼦ども未来館(2019年4⽉オープン)では、
病児保育や休日一時預かり保育など、様々なサービスを提供しています。

市⽴⼦育て総合⽀援センター「カンガルーの森」は、
⼦育てママ・パパの交流・情報交換できる場として親しまれています。

子どもの医療費助成は中学校卒業まで!

子ども医療費助成制度とは

高槻市にお住まいの方に安心して子育てをしていただくため、お子さまの医療費の助成を行っています。
同じ月、同じ医療機関であれば、ひと月最大1,000円の負担(注)で受診していただけます。
また、同じ月の間に複数の医療機関にかかられた場合は、ひと月の自己負担額が2,500円までとなるように助成します。
(注)1医療機関あたり1回500円以内、月2日を限度とする自己負担。助成の対象となるのは健康保険の適用される医療費。

対象は中学生まで

令和2年4月診療より18歳までに拡充!

市内に住所のある中学生以下のお子さま全てが助成対象です。
※他の医療証・医療費の資格のある方はそちらが優先となります。
※入院時の食事代の助成については、所得制限があります。
※平成30年4月診療より訪問看護ステーションによる保険診療については助成対象に、精神病床への入院については助成対象外(経過措置あり)になります。

point

● 中学校を卒業するまで利用できる!
● 自己負担は1回500円以内、1カ月最大2,500円!
● 入院しても、同じ月内の入退院なら1,000円の負担でOK!
(健康保険対象外の費用は除きます。)

高槻市は子育てをされるご家庭を応援しています

子どもたちのみらいを育む
「高槻子ども未来館」が誕生

高槻子ども未来館
平成31年4月OPEN!

平成31年(2019年)4月にオープンしました!

まちなかで整備が進む甲子園球場5個分の広大な公園、安満遺跡公園の隣に、平成31年4月に「高槻子ども未来館」を開設しました。
施設には、「高槻認定こども園」、「子ども保健センター」、「子育て支援人材育成」の3つの機能が集まり、子育て支援の中心的な役割を担っています。
公園とのコラボや災害時のサポートとしての役割等、今後もぜひご期待ください。

point

多様な教育・保育ニーズに対応!

● 多様な教育・保育ニーズに対応!

認定こども園(190人規模)や病児保育、休日一時預かりなど、いろいろな保育機能で子育てをしっかりサポート!
子どもの健診など利便性もアップ!

● 子どもの健診など利便性もアップ!

乳幼児健診をまちなかで。しかも子ども専用で身近で便利。隣に広い公園もあって、心も身体もますます充実!
小学校までの教育・保育の担い手を育成!

● 小学校までの教育・保育の担い手を育成!

子どもの学びや育ちについての専門的な研修などを実施。先生たちが力を合わせて子どもたちのみらいを育みます!

年度途中の保育ニーズにも対応
高槻市立臨時保育室

臨時保育室とは

市外からの転入や産休・育休終了後の入所希望など、様々な理由から生まれる、年度途中の保育ニーズに対応するために、市立の「臨時保育室」を平成26年12月から運営しています。認可保育所などの入所希望者で、保育の必要性が高いにも関わらず入所できない児童が対象。入室申し込みを行った年度の3月まで臨時的に入室ができます。また、平成29年度より入所要件を緩和し、就労予定の方もお申し込みいただけるようになりました。原則、認可保育所と同等数の保育士が勤務しており、安心してお子様を預けられる環境を整えています。

施設の概要

所在地:高槻市城内町1番14号
定員:50名
対象年齢:0歳児~5歳児
開室時間:午前7時~午後7時(午後6時から延長保育)

高槻市立臨時保育室 高槻市立臨時保育室

point

● 本市への転入時や、産休・育休終了後に職場復帰がしやすい
環境が整うことで、安心して子育てができる♪

● 年度途中に生じる保育ニーズに対応できる♪
平成29年度より就労予定(週5日 週30時間以上勤務)の方もお申込が可能に♪

● 阪急高槻市駅から徒歩10分の好立地
全市域から利用しやすい♪

妊婦健診費用 12万円分までを助成

安心して出産を迎えるために妊婦健診を受診するのは、赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても大切なことです。ところが、妊婦健診費用は医療保険が適用されないため、高額となり、家計の負担になる場合も。高槻市では、そんな経済的負担を軽減するために、最大14回、12万円までを助成しています!母子健康手帳交付時に、健診受診券(14枚)をつづった『母子健康手帳別冊』を一緒にお渡しします。受診券を使って、健診を受けましょう!

point

● 総額12万円の助成
● 出産まで安心して健診を受けることができます!

高槻市では妊娠・出産にかかる費用の負担を軽減させ、
必要な健診を安心して受診できるよう、妊婦健診費用の助成制度を充実させています

不妊・不育症の治療費 所得制限なしで助成

不妊に悩む方への特定治療支援事業

体外受精・顕微授精に要した費用の一部を助成する制度です。1回の治療につき15万円を上限に助成しています。(初回の治療である場合は30万円、採卵を伴わない凍結胚移植及び採卵したが卵が得られないなどのため中止したものについては、1回の治療につき7.5万円)また、男性不妊治療(精巣及び精巣上体から精子を採取する手術)をあわせて行った場合、その治療費として15万円を上限に助成しています。(初回の治療である場合は30万円)

不育症治療費助成事業

大阪府内初!

妊娠はするけれど流産、死産などを繰り返してしまう不育症の治療に要した費用の一部を助成する制度です。1年度につき30万円を上限に助成しています。

point

● 夫婦の所得に関係なく、助成を受けることができます!
全国的には夫婦合わせて730万円以上の所得がある場合、助成を受けられませんが、高槻市は関西で初めて所得制限を撤廃しました。

● 不育症治療への助成は、高槻市が大阪府内で初めて実施を開始しました!

高額な費用のかかる不妊・不育症治療費の助成制度を充実させ、
出産前から市がサポートできる体制をつくっています。

親子の笑顔あふれる憩いの場、
カンガルーの森♪

カンガルーの森
北摂最大級

土曜日も開館 無料で遊べるプレイルーム

高槻市立子育て総合支援センター、通称「カンガルーの森」では、市内の子ども(0歳~就学前)と保護者がいつでも気軽に訪れ、一緒に楽しく過ごすことができます。たくさんのおもちゃや中庭の砂場で元気いっぱいに遊んじゃおう。折り紙・工作・粘土・お絵かき・お話会は随時開催。お誕生日月のお友達にはかわいい手作りカードのプレゼントがあります。(プレイルームの利用時間は午前10時~午後5時)

クッキング講座を筆頭に多数の人気講座を展開

対象年齢のバリエーションが豊富なクッキング講座。離乳食や幼児食をカンガルーの森の栄養士と一緒に作ります。受付開始すぐに定員がいっぱいになるほど人気の講座。館内いっぱいに広がる美味しそうなにおいに、ついついお腹が鳴っちゃいます。

point

● たくさんのおもちゃに囲まれたプレイルームは、北摂最大級

● 駅近 ! 阪急高槻市駅からも、JR高槻駅からも徒歩5分

● 毎月様々な講座を開催。リトミックやベビーマッサージのほか、12月にはクリスマス会もしています。

● 児童家庭相談など各種相談も充実

市内大学と連携したイベントを開催!

夏休み子ども大学

市内在住の小学生を対象に、学校では体験できない学習の場を提供することによって、子どもの知的好奇心を刺激し、学習意欲の向上を図るため「夏休み子ども大学」を実施しています。市内にある大学それぞれの特色をいかした講座が目白押し。毎年好評を博しています。

夏休み子ども大学

関西大学 たかつき アイスアリーナ市民開放イベント

アイスアリーナ市民開放イベント アイスアリーナ市民開放イベント

オリンピック選手を輩出しており、日本を代表するトップスケーターの練習の拠点としても有名な「関西大学 たかつき アイスアリーナ」。市民向けの開放デイでは、フィギュアスケートやアイスホッケーを見たり、体験イベントに参加したりすることができます。

point

● 市内に位置する大学が有する教育研究機能や学生の感性、
行動力を生かして、大学と地域が連携し、都市文化の振興とまちの活性化を図っています

● 市内に位置する主な大学関連施設
・大阪医科大学
・大阪薬科大学
・関西大学高槻キャンパス/高槻ミューズキャンパス
・平安女学院大学/短期大学部
・京都大学防災研究所阿武山観測所

めざせ 集まれ 未来の科学者!!

関西大学・大阪医科大学・大阪薬科大学と高槻市が連携し、理科好きな子どもたちを育成するプロジェクトが進行中!

市内3大学による出張講義

大学の先生が市内小学校の理科の時間に出張講義。
理科実験の体験を中心に、多彩なメニューで理科への興味を育てます。(2019年度実績19校)
テーマは、「腕の動きと筋肉の動き」、「聞こえない音:超音波を見よう!」、「顕微鏡で生物を観察してみよう!」など

市内3大学による出張講義

自由研究コンテスト

市内小中学生を対象とし、未来の科学者を応援する「自由研究コンテスト」を開催。
子どもの好奇心や探求心を膨らませ、未来の科学者として育っていくことを応援しています。

自由研究コンテスト
自由研究コンテスト

point

● 子どもの声
「肉眼では見えないものが高性能の光学顕微鏡や実体顕微鏡では見えました!」
「 実験ってすごい! 観察っておもしろい!」
「他の小中学校の発表を見てすごく面白く、興味を持ちました。
自分もこういう実験をやってみたいなと思いました。」

● 保護者の声
「子どもが嬉しそうに授業の様子を報告してくれました。」
「身近に感じる疑問を掘り下げて考えることの大切さを楽しみながら学ぶ良い機会だと思います。」

35人以下学級編制 小学校全学年で実施中

ゆとりある教室環境

ゆとりある教室環境は、子どもたちが安心して学ぶための大切な要素です。高槻市は大阪府内で最も早く、小学校の全学年35人以下学級編制を実施しました。この取り組みの結果、1学級あたりの児童の人数は10人以上少なくなり、平成30年度は平均26.1人と学級規模が大きく改善されました。

ゆとりある教室環境

きめ細やかな指導

35人以下学級編制によるきめ細やかな指導によって、基本的な学習習慣や生活習慣の確立を目指しています。一人一人と丁寧に関わり指導することで、子どもや保護者から次のような声があげられています。

point

● 子どもの声
「落ち着いて勉強ができる」「発言したい時にたくさん指名してもらえる」
「活動をする時、すぐ近くに先生がいるので安心する」

● 保護者の声
「クラスの人数が少ないのでゆとりがある」
「教室がゆったりしていて、子どもたちが穏やかに過ごせている」
「子どもたちが活躍する機会が増える」
「ノートなどをていねいに見てもらえる」

高槻市は、子どもの力を最大限引き出し、伸ばします。

温かい学校給食 小学校も中学校も

安全で豊かなおいしい給食

高槻市の学校給食は、小学校では校内の調理施設で給食を調理する自校調理方式、中学校では調理能力に余裕のある学校(親校)で調理した給食を、調理施設の無い学校(子校)に配送する親子調理方式を基本として実施しています。

安全で豊かなおいしい給食

豊富なメニュー

ごはんまたはパン+牛乳+おかず2~3品を基本に、色々な食体験ができるよう、季節の食材を使用した料理、行事食、外国の料理、郷土料理などを献立に取り入れています。また、温風と水蒸気で調理を行うガススチームコンベクションオーブンを導入し、焼き物や蒸し物などの献立も提供しています。

豊富なメニュー

point

● 給食のごはんは全て地元産の米を使用
週3回、給食室のガス炊飯器で炊いています。豆ごはんや吹き寄せごはん、ピラフといったいろいろな変わりごはんを作れるのは自校炊飯ならではです。

● 食育につながる楽しい 給食
子ども達が考えた献立が登場する給食、事前に献立を選ぶことができるセレクト給食など、食育につながる楽しい給食も実施しています。

● 食物アレルギー対応
「鶏卵・うずら卵・牛乳」の除去食を提供しています。

ほかの情報もチェック!

高槻市HPはこちら
TOPへ