ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

初回接種の接種券発行申請

ページID:005167 更新日:2022年11月14日更新 印刷ページ表示

注意事項

初回接種の接種券は、​転入や紛失・破損等の場合、接種券の発行・再発行申請が必要です。​
新たに生後6か月を迎える方には、順次、接種券を発送します。(申請不要)

市内転居・氏名変更された方

住所(高槻市内)・氏名の変更内容を本人確認書類で確認できる場合は、そのままご使用いただけます。

ただし、接種済証は、変更前の住所氏名となりますので、変更後の住所氏名が記載された接種券をご希望の場合は、接種前に再発行申請してください。

転入された方

高槻市が発行した接種券を使用します。転入前の自治体で発行された接種券は使用できません。
以下の申請方法のとおり発行申請してください。

満5歳を迎える方

乳幼児用ファイザー社ワクチン(生後6か月以上4歳以下)を接種されずに満5歳を迎えた場合、乳幼児用としてお送りした接種券は小児用(5歳以上11 歳以下)の接種券として、そのままご使用いただけます。(申請不要)
※接種状況により使用ワクチンが異なります。詳細は以下のページをご確認ください。
乳幼児(生後6か月以上4歳以下)の新型コロナワクチン接種について

満12歳を迎える方

小児用ファイザー社ワクチン(5歳以上11歳以下)を接種されずに満12歳を迎えた場合、小児用としてお送りした接種券は12歳以上用の接種券として、そのままご使用いただけます。(申請不要)
※接種状況により使用ワクチンが異なります。詳細は以下のページをご確認ください。
小児(5歳以上11歳以下)の新型コロナワクチン接種について

接種券の発行・再発行申請が必要な場合

次の場合で、接種券発行・再発行を希望される方は申請が必要です。

  • 接種券を紛失、滅失、破損等した場合
  • 初回接種を未接種のまま転入した場合
  • 接種券が届かない場合
  • 市内転居・氏名変更され、再発行が必要な場合
  • 住民票住所以外へ接種券を送付する場合
  • 予診のみ券を2回使った場合

住民票及び戸籍に記載がない場合

高槻市新型コロナワクチンコールセンターにお問い合わせください。
なお、日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等の方で、在留先での新型コロナワクチン接種に懸念等を有し、日本に一時帰国してワクチン接種を希望する方を対象に、成田空港及び羽田空港においてワクチン接種事業が実施されています。詳しくは以下の外務省海外安全ホームページをご確認ください。

外務省 海外安全ホームページ
日本での新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人等の皆様へのお知らせ<外部リンク>

申請方法

電話申請(住民票住所へ送付する場合のみ)

※住民票住所以外へ送付を希望する場合は、郵送申請のみの受付となります。

高槻市新型コロナワクチンコールセンターまでお問合せください。
​本人確認や接種状況の確認等を行った後、住民票住所へ接種券を送付します。

郵送申請

以下の申請書等をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、必要書類とともに郵送してください。(郵送料は本人負担) 

必要書類

初回接種の接種券発行申請書

被接種者の住民票住所以外に接種券を送付希望の場合

上記の必要書類に加えて、以下の書類についても合わせてご提出ください。​

  • 被接種者による申請 → 被接種者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)のコピー
  • 代理人による申請  → 被接種者及び代理人の本人確認書類のコピー、委任状

※本人確認書類がマイナンバーカードの場合は表面のみで、裏面は添付しないでください。 

様式

初回接種の接種券発行申請の様式は、以下からダウンロードできます。

初回接種の接種券発行申請書 (PDF:546KB)

初回接種の接種券発行申請書(記入例) (PDF:730KB)

委任状 (PDF:51KB)

委任状(記入例) (PDF:209KB)

※接種証明書の申請書ではありません。接種証明書をお求めの場合は、以下のページをご確認ください。

新型コロナワクチン接種の証明書

提出先

郵便番号:569-0067
大阪府高槻市桃園町2番1号
高槻市新型コロナワクチンコールセンター

お問い合わせ先

高槻市新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-090-555

※番号の間違いにご注意ください。

ファクス番号:072‐648‐3350(聴覚に障がいのある方等用)

受付時間:午前8時45分から午後5時15分まで(平日、土日、祝日)
※12月29日から1月3日、令和5年1月8日、2月19日は休み(接種券等の発送手続き等も休みます)

関連リンク

新型コロナワクチン(トップページ)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)