ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 医療・健康 > 新型コロナウイルス > 新型コロナワクチン > 小児(5歳以上11歳以下)の新型コロナワクチン接種について

本文

小児(5歳以上11歳以下)の新型コロナワクチン接種について

ページID:032613 更新日:2024年2月13日更新 印刷ページ表示

小児接種(5歳以上11歳以下)のスケジュール

小児接種(5歳以上11歳以下)スケジュール

新型コロナワクチンの全額公費(自己負担なし)による接種は、初回接種、追加接種ともに令和6年3月31日で終了します。また、各医療機関で接種可能な最終日は異なります。接種を希望される方は、早めにご検討ください。

新型コロナワクチンの全額公費による接種終了について(2023年12月25日版) (PDF:1.31MB)

オミクロン株(XBB.1.5)に対応したワクチンの接種について【第2版(2023年12月4日版)】 (PDF:1.85MB)

オミクロン株(XBB.1.5)に対応したワクチンの接種について(2023年11月7日版) (PDF:1.25MB)

令和5年秋開始接種についてのお知らせ(2023年9月27日版) (PDF:1009KB)

※生後6か月から64歳までの基礎疾患のない方には、努力義務は適用されません。

これまでにオミクロン株対応ワクチンによる追加接種の有無に関わらず、初回接種(1・2回目)を終了した全ての方が、令和5年9月20日から「令和5年秋開始接種」としてワクチンを1人1回接種することができます(オミクロン株XBB.1.5対応の1価ワクチンを使用します)。​

初回接種(1・2回目接種)がまだの方は、初回接種を受けてください。

初回接種(1・2回目)

初回接種(2回1セット)を完了するには、ファイザー社ワクチンは令和6年3月10日(日曜日)までに1回目の接種を受ける必要があります(接種間隔:1回目接種から3週間)。また、モデルナ社ワクチンは令和6年3月3日(日曜日)までに1回目の接種を受ける必要があります(接種間隔:1回目接種から4週間)。
なお、この1回目の接種期限は、「令和6年3月31日(日曜日)に2回目の接種を受ける」ことを基に算出していますが、日曜日に接種を実施している医療機関はほとんどありませんので、希望される方は早めに医療機関にご相談ください。
令和6年4月1日以降に初回接種の完了を希望される場合は、残りの接種は自費で受けていただくこととなる予定です。

  • 初回接種が済んでいない方は、これまでと同様に医療機関で接種できます(令和6年3月31日まで)。
  • 令和5年9月20日からは、5歳以上の初回接種にファイザー社のオミクロン株XBB.1.5対応の1価ワクチンを使用します。
  • 令和5年11月1日から、モデルナ社のオミクロン株XBB.1.5対応の1価ワクチンも初回接種(1・2回目接種)に使用できるようになりました。同一製剤を生後6か月以上5歳以下の方は乳幼児の初回接種量(0.25ml)で、6歳以上11歳以下の方は小児の初回接種量(0.5ml)で接種します。
  • 令和6年3月31日で特例臨時接種が終了するため、初回接種がまだの方は、追加接種(3回目以降)を受けることはできません。
  • 令和5年9月20日から初回接種についても、生後6か月から64歳までの基礎疾患のない方には、努力義務は適用されません。

小児接種(5歳以上11歳以下)の概要

接種対象者

5歳以上11歳以下の方 (接種日時点)

実施期間

令和6年3月31日まで

使用ワクチン

初回接種・追加接種ともに、オミクロン株XBB.1.5対応の1価ワクチンを使用します。
 
使用ワクチン 対象年齢 初回(1・2回目)接種量 追加(3回目以降)接種量
 小児用ファイザー社ワクチン  5歳以上11歳以下 0.2ml 0.2ml
モデルナ社ワクチン 6歳以上11歳以下 0.5ml 0.25ml
生後6か月以上5歳以下 0.25ml 使用不可
 
※小児用ファイザー社ワクチンは、12歳以上用ワクチン、乳幼児用のワクチンとは用法・用量が異なる別の種類のワクチンです。
※モデルナ社ワクチンは、12歳以上用ワクチンと同じ種類のワクチンを、6歳から11歳までは小児の接種量(初回:0.5ml、追加:0.25ml)で、生後6か月から5歳までは乳幼児の接種量(初回:0.25ml、追加:接種不可)で接種します。  

接種間隔

 
使用ワクチン 初回接種(1・2回目) 追加接種(3回目以降)
小児用ファイザー社ワクチン 通常3週間 前回接種から3か月以上
モデルナ社ワクチン 通常4週間

※初回接種(1・2回目)について、1回目の接種から間隔が3週間(モデルナは4週間)を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。

※追加接種(3回目以降)について、令和5年3月8日から接種間隔が3か月に短縮されました。

インフルエンザワクチン等、他のワクチンとの接種間隔について

  • 新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは、間隔を空ける必要はなく、同時に接種することも可能です(15分や30分といった間隔を空ける必要はありません)。
  • インフルエンザワクチン以外のワクチンは、原則、同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから13日以上(2週間以上)の間隔を空けてください。

厚生労働省の資料

新型コロナワクチン予防接種についての説明書

初回接種(1・2回目)

ファイザー社1 価ワクチン用(5から11 歳用、XBB.1.5)(初回接種用)(2023 年 9 月)(PDF:746KB)

モデルナ社1 価ワクチン用(6から11 歳用、XBB.1.5)(初回接種用)(2023 年11月) (PDF:765KB)

モデルナ社1 価ワクチン用(生後6か月から5歳用、XBB.1.5)(初回接種用)(2023 年11月) (PDF:769KB)

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5歳から11歳のお子様と保護者の方へ) (2022年12月) (PDF:1.55MB)

追加接種(3回目以降)

ファイザー社1 価ワクチン用(5から11 歳用、XBB.1.5)(追加接種(令和5年秋開始接種用))(2023 年 9 月)(PDF:736KB)

モデルナ社1 価ワクチン用(6から11 歳用、XBB.1.5)(追加接種(令和5年秋開始接種用))(2023 年 9 月) (PDF:777KB)

厚生労働省ホームページ

厚生労働省ホームページ「5歳から11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ」<外部リンク>

厚生労働省新型コロナワクチンQ&A「小児接種(5歳から11歳)」<外部リンク>

小児接種に関する情報

お子さまの接種を検討する際は、メリットとデメリットを十分理解した上で、接種の判断をしてください。

日本小児科学会が小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方などを公表されています。

日本小児科学会「新型コロナウイルス関連情報」<外部リンク>

接種のメリットとデメリットについて、以下のページに掲載していますので、接種を検討する際に参考にしてください。

小児(5歳以上11歳以下)への接種のメリット・デメリットについて

接種される際の注意点を以下のページに掲載しています。

小児(5歳以上11歳以下)の接種に当たっての注意点について

持ち物

  1.  接種券
  2.  予診票(できる限り事前に記入)
  3.  接種される方の本人確認書類(健康保険証等)
  4.  母子健康手帳

​​保護者の方へのお願い

  • 予診票右下の保護者自署欄に、保護者の氏名を自筆で記入してください。
  • 接種の際は、必ず保護者が同伴してください。
  • 追加接種(3回目以降)は、接種券の右上に記載の日(前回接種から3か月経過する日)以降に接種してください。

満12歳を迎える場合

  • 1回目の接種後、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合は、1回目の接種時の年齢に基づき、2回目も1回目と同じ5歳から11歳用のワクチンを接種します(12歳以上用のワクチンは接種できません)。
  • 1・2回目の接種後、3回目の接種前に12歳の誕生日を迎えた場合、または、3回目の接種後、4回目の接種前に12歳の誕生日を迎えた場合などは、3回目または4回目などの接種時の年齢に基づき、12歳以上用のワクチンを接種します。

厚生労働省新型コロナワクチンQ&A「1・2回目の接種後、3回目の接種前に12歳の誕生日を迎えました。どうしたらよいでしょうか。」<外部リンク>

  • 5歳から11歳用のワクチンを接種されずに満12歳を迎えた場合、5歳から11歳用としてお送りした接種券・予診票を12歳以上の接種券・予診票として、お使いいただけます。

接種券の発送スケジュール​​

  • 接種が済んでいない方で、3回目以降の接種券をお持ちの方は、そちらをご使用ください。市から再度の送付は行いません(紛失等による再発行は可能です)。
  • 接種券が届かない場合は、お手数ですが以下をご覧ください。(他市区町村から転入された場合は、接種券を発送しませんので接種券発行申請が必要です)

追加接種(3回目以降)の接種券発行申請

接種券の発送方法が変更となり、申請が必要となります

初回接種を完了して3か月が経過する方には、申請不要で数日前までに接種券を発送しておりましたが、令和6年1月5日をもって接種券の発送を終了いたしました。
つきましては、次に該当する方及び接種券がお手元にない方で接種を希望される方は接種券の発行申請が必要です。

  • 令和5年10月19日以降に初回接種を終えた方

※令和5年9月20日以降に追加接種を受けた方には発送されません。(令和5年秋開始接種は1人1回のため)

小児(5歳から11歳)の新型コロナワクチン接種を行う医療機関

  • 小児(5歳から11歳)用の接種を行う医療機関は以下に掲載しています。
  • 予約方法は、医療機関により異なります。以下の医療機関一覧「予約方法」に記載の方法で予約してください。
  • 医療機関によっては最新の状況が変わっている場合があります。
  • 電話のかけ間違いにご注意ください。また、複数の医療機関への予約はできません。

予約方法の見方

  • 電話:医療機関に電話で問い合わせ
  • HP:医療機関のホームページを確認
  • 来院:医療機関に来院して予約

※原則として、医療機関への電話は予約方法が「電話」の場合のみ可

※高槻市新型コロナワクチンコールセンターでの電話予約、及び予約システムでの受け付けは、令和5年12月28日(木曜日)の予約枠をもって終了しています。

医療機関一覧

阿武野方面

 
医療機関名 住所 電話 一般受付 予約方法
田崎医院 川西町1-31-12 681-0689 通院の方のみ可 電話
阿武山こどもクリニック 奈佐原2-3-22 690-3225 通院以外の方も可 電話
坂中内科クリニック 奈佐原2-11-21 2F 690-0296 通院以外の方も可 電話・来院
南平台かどたクリニック 南平台4-14-32 697-2001 通院以外の方も可 電話・来院
まの・すぎのここどもクリニック<外部リンク> 氷室町1-25-1 669-7033 通院以外の方も可 電話・HP・来院
すいたこども医院<外部リンク> 宮田町1-29-18 2F 692-2800 通院以外の方も可 HP
宮田診療所 宮田町2-5-28 696-0139 通院以外の方も可 電話

富田・如是・三箇牧方面

 
医療機関名 住所 電話 一般受付 予約方法
おぎはらこども医院 川添2-26-1 690-1022 通院の方が終了後、通院以外の方も可 電話
中田眼科<外部リンク> 栄町4-15-6 690-6262 通院の方のみ可 HP
西野医院 柳川町2-14-21 696-1212 通院以外の方も可 来院

芥川方面

 
医療機関名 住所 電話 一般受付 予約方法
あおまつ小児科クリニック<外部リンク> 古曽部町2-13-4 3F 684-8341 通院の方が終了後、通院以外の方も可 HP
あまの小児科 日吉台5-6-10 689-5288 通院の方が終了後、通院以外の方も可 電話
北川クリニック 別所新町3-19 686-2020 通院以外の方も可 電話

高槻方面

 
医療機関名 住所 電話 一般受付 予約方法
湯浅医院 紺屋町12-25 668-6366 通院以外の方も可 電話
もり耳鼻咽喉科クリニック<外部リンク> 城北町2-3‐3 2F 672-1200 通院以外の方も可 電話・HP・来院

大冠・東方面

 
医療機関名 住所 電話 一般受付 予約方法
まつしたクリニック 城西町5-17-103 661-0415 通院以外の方も可 電話
東山産婦人科・小児科 辻子3-10-3 672-5335
(月から土 14から16時受付)
通院以外の方も可 電話
かわもとこどもクリニック 登町18-1 676-7601 通院以外の方も可 電話
高橋医院 藤の里町24-29 661-3831 通院以外の方も可 来院

※上記一覧表のファイルはこちら

小児用(5歳から11歳)医療機関一覧 (PDF:114KB)

問合先

高槻市新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-090-555

番号の間違いにご注意ください。

ファクス番号:072‐648‐3350(聴覚に障がいのある方等用)

受付時間:午前8時45分から午後5時15分まで(月曜日から金曜日)
※土曜日、日曜日、祝日は休み

関連リンク

新型コロナワクチン(トップページ)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)