ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 保育所・幼稚園など > 入園案内 > (令和5年4月入所選考より)認可保育施設における利用選考基準(点数表)の一部変更について

本文

(令和5年4月入所選考より)認可保育施設における利用選考基準(点数表)の一部変更について

ページID:076139 更新日:2022年10月4日更新 印刷ページ表示

令和5年4月入所選考より、下記のとおり認可保育施設における利用選考基準を一部変更します。

  1. 居宅内就労及び居宅内就学への減点を廃止
    居宅内(在宅)就労や就学に対する減点(マイナス3点)を廃止します。また、内職の基礎点を10点から13点に増やします。
     
  2. 多胎児(双子等)同時申込時への加点を新設
    双子が同時に申込をする場合に加点(プラス2点)します。三つ子の場合は3点加点など、1人増えるごとに1点加算となります。
     
  3. (申込者のみ)育児休業等の延長が可能な保護者への減点を新設
    希望している施設に入所できない場合に育児休業等を延長することが可能な場合、事前に申し込みいただくことで減点(マイナス100点)します。なお、選考で待機となった場合、待機証明書の発行は可能です。
    詳細は下記関連リンク先を参照してください。
     
  4. 他市保育施設勤務者への加点を新設
    待機児童解消対策として保育士確保に取り組むため、高槻市内の認可保育施設で保育士・みなし保育士として勤務している又は勤務を予定(内定)している場合に加点(プラス10点)していますが、これに加えて、市外の認可保育施設で保育士・みなし保育士として勤務している又は勤務を予定(内定)している場合にも加点対象とします(プラス3点)。
     
  5. 精神障がい者手帳3級所持者への基礎点数の新設
    精神障がい者手帳3級をお持ちの方は、手帳コピーを提出いただくことで、病気・障がい状況証明書の医療機関記入欄への医師による記入が不要となります。基礎点数は18点となります。

また、上記以外の項目についても、より簡潔に表現するよう文言を変更しています。

保育の利用選考基準(点数表) (PDF:695KB)

関連リンク

育児休業中で待機証明書が必要なために入所申込をされる方へのお知らせ

令和5年度4月認可保育施設入園申込、事前説明会及び個別相談会のお知らせ

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)