ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 就職・労働・退職 > 就職支援 > 令和2年度 第一回「保育士のためのセミナー」を開催しました
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 保育所・幼稚園など > 市立幼稚園・認定こども園の概要 > 令和2年度 第一回「保育士のためのセミナー」を開催しました

本文

令和2年度 第一回「保育士のためのセミナー」を開催しました

ページID:003048 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

高槻市 保育士・保育所支援センター主催による保育士のためのセミナーを令和3年1月23日(土曜日)に開催しました。

つながりあそび

つながりあそびの画像1

講師に「つながりあそび研究所」の町田浩志さんを迎え、「ぬくぬくランド」の服部美由紀さんと共に、「コロナ禍におけるつながりあそび」をテーマにセミナーを開催しました。

朝から降り続いた雨の中でも、たくさんの方々の参加がありました。

つながりあそびの画像2

つながりあそびの画像3

町田さんのうきうきするようなギターや、流ちょうな語り、服部さんの温かさあふれる声に、あっという間に、楽しいあそびに引き込まれました。

つながりあそびの画像4

バンダナでねずみの作り方を教えていただきました。

作ったねずみを使って、つながりあそびを学びました。

「 ねずみ、ねずみ どこへいく ねずみ、ねずみ どこへいく

はしをわたって ちゅーちゅーちゅー やまをこえて ちゅーちゅーちゅー

さかみちくだって ちゅちゅちゅちゅちゅ ただいまおかえり だっこでぎゅーっ 」

つながりあそびの画像5

たくさんのあそびを教えていただく中に町田さんの子どもを大切に思う気持ち、子どもを主役に思う気持ちが魔法の言葉のようにあふれていました。

そして保育士にも、失敗しても大丈夫!やってみよう!と優しい中にもそっと背中を後押ししてくれる言葉にホッとしました。

町田さんから、歌うだけではなく、振り付けで楽しむ方法など、様々なバージョンを教えていただき、明日から保育の実践で子どもたちの笑顔が思い浮かぶようでした。

参加者の声(一部抜粋)

  • 遊びの主役は、子どもであるという言葉の意味をとても感じました。自分自身がすごく楽しめて、子どもとの接し方を改めて考える機会にもなりました。
  • あそびを「子どもに行うのではなく、子どもにあわせて行う」を聞いて、自分の保育姿勢を考えさせられました。
  • ひとつひとつの歌で、こんなにバリエーションあることを学び、楽しく遊び歌うことに感動しました。
  • 色々失敗ばかりなので、”失敗しても大丈夫!”の先生のお話しに力を貰えました。
  • コロナ禍の中、このような時間をありがとうございました。「保育の根っこ」を私も体感することができました。温かい気持ちになり、元気がでました。
  • とても楽しかったので、0・1・2歳のお友達と”おてて”や”せんたく”の手遊びをしてみようと思います。
  • ふれあいあそびだけではなく、手やハンカチを使って、身体全体で表現することを学びました。
  • 保育に実践できる内容と自分自身、笑顔にしてもらえて、とても参加してよかったと思えるセミナーでした。
  • いろいろ、考えさせられる研修になりました。子ども達が”主役”を忘れることなく、日々の保育を楽しんでいきたいと思いました。いろいろな遊びをマスターすることは、子ども達が楽しく過ごせることで、一緒に楽しむことができます。自分の宝物になると思いました。本当に楽しかったです。

第二回「保育士のためのセミナー」開催予定

日時: 2月27日(土曜日) 13時30分から15時

場所: 高槻子ども未来館(八丁畷町) 3階

「わらべうた」

講師: 寺脇 侑子 さん

第三回「保育士のためのセミナー」開催予定

日時: 3月6日(土曜日) 13時30分から15時

場所: 高槻子ども未来館(八丁畷町) 3階

「リトミックで遊ぼう」

講師: 坂本 加奈子 さん

申込みは、当センターまでお電話またはファクス

高槻市 保育士・保育所支援センター(保育幼稚園総務課内)

電話:072-648-3243 ファクス:072-648-3274