ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 育児 > ひとり親家庭等の支援 > 令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)のご案内
現在地 トップページ > 分類でさがす > 医療・健康 > 新型コロナウイルス > 新型コロナウイルス関連支援 > 令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)のご案内

本文

令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)のご案内

ページID:067797 更新日:2022年7月1日更新 印刷ページ表示

令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて損害を受けた低所得のひとり親世帯を見舞う観点から、特別給付金を支給します。

支給対象者

以下の(1)から(3)のいずれかに該当する方

(1)令和4年4月分の児童扶養手当受給者の方

(2)公的年金等を受給していることにより、令和4年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない方

(「公的年金等」には、遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などが該当します。)

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

※上記(2)または(3)に該当する場合であっても、ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金の支給を既に受けている場合は、本給付金の支給は受けられません。

支給要件確認フローチャート (PDF:570KB)

(リンク)児童扶養手当

支給額

児童1人当たり一律5万円

手続き方法

支給対象者(1)に該当する方

  • 給付金は、申請不要で受け取れます。
  • 令和4年6月29日(水曜日)、令和4年4月分の児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。

支給対象者(2)、(3)に該当する方

  • 給付金を受け取るには、申請が必要です。
  • 子ども育成課窓口または郵送にてお手続きください。
  • 給付金の支給要件に該当する方に対して、申請内容を確認して指定口座に可能な限り速やかに振り込みます。

必要書類

1.支給対象者(2)に該当する方

※同居の親族の全員分必要になります。

 

1.申請者及び監護等している児童の戸籍謄本(有料)※1

2.申請者本人及び同居親族全員の、令和2年中の収入額(遺族年金、障害年金など)が確認できる書類(年金振込通知書など)※2

3.受取口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカード)の写し

4.申請者・請求者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)など)の写し

 

※1 児童扶養手当の申請をされている方や、ひとり親家庭医療証をお持ちの方は省略できます。

※2 公募等での確認を希望される方は、省略できる場合があります。

上記以外の書類が必要な場合がありますので、詳しくは子ども育成課までお問い合わせください。

記載例

2.支給対象者(3)に該当する方

※同居の親族の全員分必要になります。

1.申請者及び監護等している児童の戸籍謄本(有料) ※1

2.申請者本人及び同居親族全員の、令和2年2月以降かつ児童扶養手当の支給要件に該当した日の翌月以降の任意の1か月の収入額が確認できる書類(給与明細書など)

3.受取口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカード)の写し

4.申請者・請求者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)など)の写し

※1 児童扶養手当の申請をされている方や、ひとり親家庭医療証をお持ちの方は省略できます。

 

上記以外の書類が必要な場合がありますので、詳しくは子ども育成課までお問い合わせください。

記載例

【記載例】「給付金(ひとり親世帯分)申請書(請求書)家計急変者用」 (PDF:483KB)

【記載例】「簡易な収入見込額の申立書(申請者本人用)【家計急変者】」 (PDF:617KB)

【記載例】「簡易な収入見込額の申立書(扶養義務者等用)【家計急変者】」 (PDF:567KB)

収入による判定で支給制限限度額を超過していても、所得による再判定により給付の対象となる場合があります。

申請期間

令和4年7月1日(金曜日)から令和5年2月28日(火曜日)まで

お問い合わせ先

高槻市子ども育成課ひとり親家庭支援チーム

電話:072-674-7832(受付時間 平日午前8時45分から午後5時15分)

厚生労働省コールセンター

電話:0120-400-903(受付時間 平日午前9時00分から午後6時00分)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)