ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 医療・健康 > 新型コロナウイルス > 新型コロナウイルス感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症の療養期間が短縮されました

本文

新型コロナウイルス感染症の療養期間が短縮されました

ページID:075605 更新日:2022年9月8日更新 印刷ページ表示

陽性者の療養期間短縮について

令和4年9月7日より、陽性者の療養期間が短縮されました。
令和4年9月7日以前から療養中の方にも適用されます。
療養期間は症状の有無等の条件によって異なりますので、必ず下記の「療養の解除、外出自粛解除について」をご確認ください。

*出勤等の可否については、独自の基準が設けられている場合がありますので、ご自身の勤務先等にご確認ください。

*現在保健所の電話が大変混み合っています。療養期間の考え方については下記を十分ご確認いただいたうえでお問い合わせいただきますよう、ご協力お願いいたします。

 

療養の解除、外出自粛解除について

療養期間

症状がある方(検査時点では症状がなく、療養期間中に症状が出た場合を含む)

 症状が出始めた日(発症日)を0日目として7日目が経過し、かつ症状軽快(目安:解熱剤を使用せずに37.5℃以上の発熱がない、症状の悪化がない等)後24時間が経過すれば、8日目に療養が解除されます。
ただし、10日目が経過するまでは感染リスクが残存することから、以下に記載の事項等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いいたします。
(1) 検温等ご自身による健康状態の確認を行う
(2) 高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避ける
(3) マスクを着用する

※症状が継続していて療養期間の延長が必要と思われる場合は、必ず療養解除前に保健所にご連絡ください。
※医療機関に入院されている方の療養解除については、治療内容、病状等により主治医の判断となります。
※高齢者施設の入所者の方は症状が出始めた日(発症日)を0日目として10日目が経過し、かつ症状軽快後72時間が経過すれば、11日目に療養が解除されます。
※療養終了時のPCR検査等による陰性確認は必要ありません。

症状がない方

  • 療養期間中、継続して症状のない人(発熱、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状がいずれもない人)は、検査のために検体を採取した日を0日目として7日目が経過すれば、療養は解除されます。
  • 療養期間の途中で症状が出た場合は、症状が出始めた日(発症日)が0日目となり、症状がある方と同じ取り扱いとなります。上記の「症状がある方」をご確認ください。
  • 5日目に検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、6日目に療養を解除することが可能です。
    ただし、7日目が経過するまでは感染リスクが残存することから、以下に記載の事項等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いいたします。
    (1) 検温等ご自身による健康状態の確認を行う
    (2) 高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避ける
    (3) マスクを着用する
    ※宿泊療養の場合、宿泊療養施設での検査は実施していません。

療養期間中の外出自粛について

 無症状の場合または症状がある場合は症状軽快(目安:解熱剤を使用せずに37.5℃以上の発熱がない、症状の悪化がない等)から24時間経過後、以下に記載の事項等、自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品の買い出し等必要最小限の外出は可能です。
(1) 外出時や人と接する際は短時間とする
(2) 移動時は公共交通機関を使わないこと
(3) 外出時や人と接する際に必ずマスクを着用する

関連ページ

 新型コロナウイルスに感染された方へ