ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 医療・健康 > 感染症・難病 > 感染症流行情報 > インフルエンザ発生情報(平成30年第52週・平成31年第1週 平成30年12月24日から平成31年1月6日まで)
現在地 トップページ > 分類でさがす > 医療・健康 > 感染症・難病 > インフルエンザ > インフルエンザ発生情報(平成30年第52週・平成31年第1週 平成30年12月24日から平成31年1月6日まで)

本文

インフルエンザ発生情報(平成30年第52週・平成31年第1週 平成30年12月24日から平成31年1月6日まで)

ページID:002915 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

大阪府 注意報レベルを超える

大阪府の定点医療機関あたりのインフルエンザ患者報告数は、平成30年第52週は51週の9.3から11.0に増加し、平成31年第1週は14.6とさらに増加しました。
高槻市内の定点医療機関あたりのインフルエンザ患者報告数は、平成30年第52週は51週の4.0から7.5に増加しましたが、平成31年第1週は3.2に減少しました。
大阪府内の流行状況は注意報レベル基準値である「10.0」を超え、今後はさらに増加する可能性が高まっています。
本市の流行状況は注意報レベル基準値を下回っていますが、寒さが厳しくなるにつれ急増すると想定されます。
体調管理には細心の注意を払い。バランスの良い食事や規則正しい生活を心がけ、免疫力を高めてインフルエンザを予防しましょう。