ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 医療・健康 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度における給付 > 令和4年8月からの後期高齢者医療の限度額適用認定証などを対象者へ7月下旬から順次発送します

本文

令和4年8月からの後期高齢者医療の限度額適用認定証などを対象者へ7月下旬から順次発送します

ページID:002413 更新日:2022年6月29日更新 印刷ページ表示

現役並み所得者世帯(住民税課税所得額(各種所得控除後の所得額)が145万円以上690万円未満の後期高齢者医療被保険者及びこの人と同一世帯に属する被保険者)、住民税非課税世帯の後期高齢者医療被保険者が、高額な診療を受けるときに保険医療機関等の窓口で提示すると保険診療分の支払いが自己負担限度額までとなる「後期高齢者医療限度額適用認定証」と「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」(以下「認定証」という。)の有効期限は令和4年7月31日です。

引き続き対象となる人には7月下旬に新しい認定証を送付しますが、所得状況が大きく変動する場合もしくは世帯構成に変更がある場合、認定証が発行できない場合があります。詳しくは国民健康保険課(電話072‐674‐7178)までお問い合わせください。

新しく認定証の交付を希望する人は、国民健康保険課窓口(市役所本館1階12番窓口)にて受付しておりますが、なるべく郵送での手続きにご協力をお願いいたします。来庁して手続きされる場合は、後期高齢者医療被保険者証をご持参ください。