ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

溶連菌感染症

ページID:003610 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

親子で体温チェックのイラスト

子どもに多いのどの病気です。「のどが痛い」と言ったら要注意!

症状

  • 舌に白いコケのようなものができ、3日から4日すると赤くブツブツとした「いちご状の舌」になる。
  • のどの痛み、熱、体や手足に発疹ができる。

Q:家庭で気を付けることは?

A:

  • 家族にも感染することがあるため、同じ症状があれば病院へ行きましょう。
  • のどが痛いときは、熱いものや酸味のあるものは避け、水分補給を中心に、のどごしの良いもの(プリン・ゼリー・おかゆ等)を取るようにしましょう。
  • 熱がなければ、入浴してもよいでしょう。

こんな時は、もう一度病院へ

  • 日以上たっても、熱が下がらない場合
  • のどの痛みが強くて、水分をあまり飲まない場合

登園(校)するには

  • 医師の許可が必要です。
  • 薬を途中で止めてしまうと再発し、リウマチ熱や腎炎を起こすことがあります。

必ず医師の指示に従いましょう。

治ってから1ヶ月ぐらいあとに、尿検査を受けておきましょう。


子どもの発達・障がい