ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

インフルエンザ

ページID:003605 更新日:2022年3月22日更新 印刷ページ表示

親子で体温チェックのイラスト

インフルエンザは通常のかぜと比べると症状が重く、 肺炎や急性脳症などの合併症を引き起こすことがあります。症状が出たらすぐに病院で受診しましょう。

症状

  • 11月から3月に流行する
  • 突然38から40度の高熱が出る
  • 頭痛、関節痛、腰痛、筋肉痛などの症状が急に起こる
  • 鼻みず、のどの痛み、咳などが出る
  • 症状が治まるまでに1週間ほど、完治するまでには10日から2週間ほどかかる

Q:予防方法は?

A:

  • 外出先から帰ったら、洗顔、うがい、手洗いをしっかりしましょう。
  • 流行時には外出をひかえ、人混みをさけましょう。
  • 室温は20度前後、湿度は60パーセント前後を目安に調節し、1時間に1回は窓を開けて新鮮な空気と入れ替えましょう。
  • 食事や睡眠をきちんととって規則正しい生活リズムで過ごしましょう。
  • 水分を積極的に摂りましょう。
  • 予防接種をしましょう。

子どもの発達・障がい