ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ・見どころ > 歴史 > たかつき歴史Web > 今城塚古代歴史館(いましろ 大王の杜) > 今城塚古代歴史館のイベント > 今城塚古代歴史館トピック展「梶原南遺跡最新調査成果」(9月22日から10月23日)

本文

今城塚古代歴史館トピック展「梶原南遺跡最新調査成果」(9月22日から10月23日)

ページID:070021 更新日:2022年8月19日更新 印刷ページ表示

今城塚古代歴史館トピック展「梶原南遺跡の最新調査成果」を開催します

ご来館に際しては、下記「歴史館などの新型コロナウイルス感染症対策」をご確認ください。

歴史館などの新型コロナウイルス感染症対策

 

新名神高速道路の建設工事に伴う発掘調査の成果速報展を開催します。
梶原南遺跡は、都と九州の太宰府を結ぶ山陽道に設けられた「大原駅」の最有力候補地です。
新名神高速道路の建設に伴う発掘調査では、奈良時代の堀立柱建物や井戸が検出され、官人層の存在を示すベルトの留め金具や墨書土器が出土しました。
今回の調査で発見された遺構は、駅家周辺に展開した関連施設であると想定さています。
トピック展では、これら最新の調査成果を広く市民に公開します。

梶原南遺跡の奈良時代の井戸の写真の画像
​梶原南遺跡の奈良時代の井戸

会期

令和4年9月22日(木曜日)から10月23日(日曜日)まで

休館日:月曜日(祝日は開館)、祝日の翌平日(10月11日)

午前10時から午後5時(入館は4時30分まで)

会場

高槻市立今城塚古代歴史館1階 玄関ホール

観覧料

無料