どっちもたかつき:あれもこれもが叶う街、高槻に住もう!

資料請求・お問い合わせ

知る 広がる 好きになる たかつきDAYS 広報たかつき

絵本の時間。 いつも近くに本がある府内トップクラスの児童書充実図書館

子供の喜ぶ顔がうれしい 親子のきずなも深まる本との時間 <中央図書館ミューズ子ども分室>

川風が気持ちよくて
愛犬も私もハッピー

 市街地のすぐそばに自然がある高槻には、犬とゆっくり散歩できる場所がたくさんある。とくに芥川沿いには遊歩道や土手の道、河川敷の親水公園など緑が多く、人気のある散歩コースのひとつだ。
 今日は、愛犬モモのお気に入り、家の近くの新川桜堤を歩くことにした。土手の道から眺めると、緑の草に覆われた斜面がとってもきれい。よく来る場所だけど、開放的でいつ来ても飽きない。
 土手の道を歩き出すと、朝だというのに日差しは結構強い。ちょっと汗ばんできた肌を、川を渡ってきた風がすーっと冷ましてくれる。モモにも風の気持ちよさがわかるんだろう、急に活動的になってきた。一面に広がっている草の斜面に興味津々で、花や日差しで温まった草に鼻を突っ込んでクンクン嗅いだりしている。夢中になりすぎて、斜面をずり落ちそうになっているのがかわいい。
 少し歩いて、草の土手に座った。モモもゴロンとお腹を見せたり、寝そべったりしてリラックスしている。広々とした草地に大きい空。私たちと同じように、きっと犬だって癒されるのだろう。
 モモが何かをじーっと見つめている。視線の先にはアオサギ。本当に、季節ごとにいろいろな鳥がいる。カワセミもいるらしいから、今度来たときに会えたらいいな。

新川桜堤
新川桜堤

新川桜堤

芥川の土手に並行する新川沿いの遊歩道は、地域の人が手入れする季節の花々が沿道を彩る。春には並木全体が桜のトンネルのようになり見もの。
高槻市南庄所町
TAKATSUKI DOG DATA

ペットと一緒だと
みんな友だちみたい

 桜並木の遊歩道には、今日も散歩やジョギング中の人たちがいる。もちろん、犬連れの人にもたくさん行きあう。どの人も表情が柔らかくて、愛犬との散歩を心から楽しんでいるみたい。
 向こうから来たワンちゃんにモモが寄っていくと、飼い主さんが話しかけてきてくれた。「かわいいね。私たちは今日初めてだけど、ここはよく来るの?」ひとしきりお散歩コース談義で盛り上がる。初対面でもすぐワン友になれてしまうところが、ペットと一緒のいいところ。川遊びができるスポットを教えてもらったので、今度はそこにも行ってみよう。
 土手の上まで登って、日陰のベンチでひと休み。モモにはお水、私はお茶をごくごく。ふー、気持ちいい。あっ、あっちにかわいい花が咲いている。モモと一緒に写真をパチリ。今日も素敵な散歩になったね、モモ。

マナーを守ってみんなが笑顔に お散歩の必需品
お散歩中のワンちゃんと仲良くなろう
この日出会ったわんちゃんたち
歩いて楽しい! お散歩スポット
萩谷総合公園

森の中を散策できるウォーキングコース、のんびりできる芝生や池のあるエリアなどがあり、自然の中で遊ぶにはもってこい。家族連れで楽しめる大きな遊具も。
[高槻市大字萩谷]

萩谷総合公園
芥川緑地

芥川のすぐそばに遊歩道が整備されているので、歩いているだけで、水辺の風景や匂い、生きものなどに五感が刺激される。河原に降りられる階段があり、水遊びもできる。
[高槻市南平台5丁目]

芥川緑地
上の池公園

昔からの地形や自然を生かしてつくられた公園で、さまざまな生きものが生息するビオトープとなっている。大きな池のほとりや木立の間をゆっくり散歩したい。 [高槻市大字萩谷]

上の池公園
今城塚古墳公園

淀川流域最大級の前方後円墳の内堤や外周を歩ける珍しい公園。こんもりした墳丘やはにわの隊列など風景も楽しい。
※墳丘と内濠は犬の散歩ができません
[高槻市郡家新町]

今城塚古墳公園緑地
芥川桜堤公園

春は花見やこいのぼりフェスタで賑わうが、秋のお散歩にもぴったり。並木道を歩くのはもちろん、心地よい風が通る河畔で遊んだり、ベンチや木陰で休憩するなど気ままに過ごせる。
[高槻市清福寺町]

芥川桜堤公園
淀川河川公園
(大塚地区・三島江地区)

開放感たっぷりの河川敷では、思いっきり走ったり、草原で戯れたりと運動好きの愛犬も大満足。バーベキューエリアやスポーツ施設もあり、1日中楽しめるスポット。
[高槻市大塚、三島江]

淀川河川公園

※上記スポットには、ドッグランなど犬用の施設は設置されていません 
※犬連れで利用する場合は、リードをしっかりと持ち、糞やゴミなどは必ず持ち帰りを

動物好きは必見!「動物愛護フェスタ」今年も開催 毎年秋に開催される「動物愛護フェスタ」は、命の大切さや動物とともに暮らすことについて体験しながら理解を深められるイベント。パネル展示や子ども向けのクイズ・工作、動物病院の看板犬とのふれあいコーナーなど、会場には動物をテーマにしたさまざまな催しが。ペットを飼っている人も、飼っていない人も楽しめる。保健所に収容されたり、飼い主がいない犬や猫の譲渡会もあるので、新たに動物を家族に迎えたいと考えているなら、出会いの場にもなりそうだ。
人にも猫にも、やさしいまちになるために

 最近は猫ブームともいわれ、高槻でも猫を飼う人がいる。犬と違い散歩の必要がない猫との暮らしの楽しさは、家で過ごす時間。ときにそっけなく、ときに甘え上手という自由奔放さで一緒に暮らす人を虜にしてしまう。自然と家族の会話も増え、たくさんの思い出が毎日の暮らしを豊かにしてくれる。 一方で、外で暮らす猫の食べ残しや糞尿、鳴き声などは地域トラブルの原因にも。さらに、猫たちが繁殖すれば被害は拡大してしまう。
 猫のことを考えるなら、室内飼いと不妊・去勢手術が大切だ。高槻市では、飼い主がいる・いないに関わらず、猫の不妊・去勢手術費用の一部を助成することでサポートしている。
 住民やボランティアが協力して、まちなかで暮らす猫を増やさないよう管理する「地域猫」の考え方も全国で広まりつつある。猫をつかまえて不妊・去勢手術を行い、元の場所に戻す。並行して、マナーを守ったえさやり、糞尿の掃除、里親探しなども行い、今いる猫が一代限りの寿命を全うするまで世話をする。こうした活動は高槻でも行われている。
 地域に受け入れられて気持ちよく暮らせる。本当の意味で猫にとって幸せな環境を考えることが、人と猫のポジティブな関係につながっていく。

犬や猫と暮らしたいと思ったら 考えてみて猫の不妊・去勢手術

【9月20日(火)~26日(月)は動物愛護週間】
ともに暮らすかけがえのない家族として、愛情と思いやりをもった飼い方について考えてみよう。

dayslist