現在の位置

乳歯を大切に

乳歯は虫歯になりやすいのが特徴です。
大人が上手に手助けをして、歯の健康を守ってあげましょう。

乳歯を虫歯にしないポイント

  1. 甘いものを控え、食事やおやつの時間を決めましょう。
  2. 歯ごたえがあり、噛んで食べるような食品を増やしましょう
  3. 食事の後や、寝る前の歯磨の習慣をつけましょう。
  4. 仕上げの寝かせ磨きの習慣をつけましょう。

Q:仕上げに寝かせ磨きをしようとするのですが、すぐに嫌がり、おもちゃで遊び始めます。どうしたらいいでしょうか?

A:歌をうたったり、いろいろな言葉をかけながら、楽しい雰囲気づくりを心がけ、長くなると嫌がるので、短時間で手早く済ませるようにしましょう。 

歯ブラシは2本用意しましょう

子どもは、歯ブラシを噛んで、すぐに毛先を広げてしまいます。子どもが使う歯ブラシと、大人が仕上げする歯ブラシの2本を用意しましょう。仕上げに使う歯ブラシは子どもの指2本分(人指し指と中指)の小さめのブラシを選びましょう。