現在の位置

下痢

便の状態や排泄の回数は個人差があります。
普段から便の様子をよく観察し、それぞれの状態を知っておきましょう。
下痢が長引くときは、便の色や回数をメモして、便を持って病院へ行きましょう

おうちでのケア

  • 便がひんぱんに出るとおしりがかぶれやすくなります。シャワーなどでおしりを洗い流してあげましょう。
  • おしりを洗った後は、タオルでそっと押さえてふき、しっかりと 乾かしてから、おむつをするようにしましょう。
  • 脱水症状を防ぐため、十分に水分を与えましょう。
  • 冷たい飲み物はさけ、湯冷まし・麦茶・イオン飲料などを少しずつこまめに与えましょう。
  • 食欲がなければ無理に食べさせないようにし、下痢がおさまったら、おかゆやうどんなど胃腸に負担をかけない 消化のよいものを与えましょう。
     

こんなときは病院へ・・・

  • 下痢が続いていて(1週間以上)体重が増えないとき
  • おむつからはみだすほどの大量の下痢をくり返すとき
  • すっぱいツンとしたにおいやくさったにおいのうんちが続くとき
  • 赤・黒・白いうんちが出たとき→すぐに病院へ
  • 脱水症状を起こしたとき→すぐに病院へ

Q:脱水症状になったときのサインは?

A:

  • おしっこの量や回数がいつもより減り、色が濃い
    (おしっこが出ないのは危険なサイン)
  • くちびるや口の中が乾いている
  • ぐったりしたり、不機嫌、興奮したりする
  • 皮ふに張りがなくなる

*こまめに水分を与えるようにしましょう。