現在の位置

便秘

排便の間隔はかなり個人差があり、また、年齢によってその原因やその対応が異なります。
排便をするのが嫌になる前に対応をしてあげましょう。 

便秘の場合は・・・

乳児の場合

  1. おへそのまわりを時計まわりに優しくさする。
  2. 果汁などを飲ませてみる。
  3. 離乳食に果汁、野菜など繊維質の多いものをとるようにしましょう。(さつまいも、じゃがいも など)

幼児の場合 

  1. 水分をとりましょう。
  2. 繊維質の多い食物をとるようにしましょう。
  3. 毎日決まった時間にトイレに行く習慣をつける。

※よくならないときは、病院で診てもらいましょう。

Q:離乳食を始めた頃から便秘気味になってしまったのですが、このまま様子を見ておいてもいいのでしょうか?

A:2、3日便が出なくても、まとめてたくさん柔らかい便が出て、機嫌が良い様であれば心配はいりません。
便秘が続くようであれば、おへそのまわりを時計回りにマッサージしたり、果汁(“みかん”など)や繊維質の多い野菜(“さつまいも・かぼちゃ”など)を離乳食に取り入れましょう。
また、便秘が続くようであれば、病院で診てもらいましょう。