現在の位置

便の状態

子どもの便は健康のバロメーターとも言われ、健康状態に異常が出たときに、
変化があらわれやすいので、日々、便の状態をチェックしてあげましょう。

離乳食を始める前の便

『鮮やかな黄色・緑色』

離乳食が始まる前の乳児の便は、鮮やかな黄色をしています。
しかし、緑色の便がでることもありますが、これは便が腸に長くとどまっていたために、酸化され緑色に変化しただけで、異常ではありません。また、母乳の場合は便が酸性になるので、緑色になることが多いです。

離乳食を始めてからの便

『茶色系』

離乳食が始まると、茶色系の色の便が出ます。また、乳児期は消化機能が未熟な為、赤い色の食べ物(にんじん・トマト など)を食べた時は、そのまま出てくることがよくありますが、異常ではありません。

心配な便 赤色の便・・・いちごジャムのような赤い便
黒色の便・・・血の混じった黒っぽい便
白色の便・・・灰白色やクリーム色の白っぽい便

※便の状態に異常が見られた時は、便を持参し、病院で診てもらうようにしましょう。
 

Q:便に白いプツプツしたものが混じっているのですが、大丈夫でしょうか?

A:便の中にプツプツしたものが混じっているのは、未消化の食べ物が混ざっている状態なので異常はありませんが、灰白色やクリーム色の白っぽい便が続く場合は、早めに病院で診てもらいましょう。