現在の位置

虐待ってどんなこと?

児童虐待とは、本来子どもを守るべき立場の親または、親に代わる保護者などが「子どもの体や心を傷つけ、子どもの健全な成長・発達のさまたげになる行為」を行うことをいい、子どもの心身の発達を侵害する重大な人権問題です。
虐待には次の4つのタイプがあります。

身体的虐待

児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。

  • 子どもを殴る・蹴る・タバコでやけどを負わせる
  • おぼれさせる など

性的虐待

児童にわいせつな行為をすること。または児童にわいせつな行為をさせること。

  • 性的行為の強要、性器や性交をみせる
  • ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト(養育の拒否・怠慢)

児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による身体的虐待、性的虐待又は心理的虐待と同様の行為の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。

  • 食事を与えない、家にとじこめる、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する
  • けがや病気の時も病院に連れて行かない
  • 保護者以外の同居人による虐待を放置する など

心理的虐待

児童に対する著しい暴言又は著しく拒否的な対応、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力、その他児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

  • 子どもの心を傷つけることを繰り返し言ったり、無視したりする
  • 他の兄弟姉妹と著しく差別する
  • 子どもの目の前でDVをおこなう など

*DVとは、ドメスティック・バイオレンスの略で、配偶者等からの暴力をいいます。

しつけのつもりであっても、子どもにとってどうなのかで判断することが大切です。