現在の位置

子どもの健康講座を開催しました

平成30年10月24日(水曜日)と11月20日(火曜日)に子どもの健康講座を開催しました。

講座のテーマは、24日が高槻赤十字病院小児科の大関医師による「食物アレルギー~家庭で役立つ食品の知識~」、20日が大阪医科大学附属病院整形外科教室の藤原医師による「小児の運動器疾患について~股関節脱臼、側彎症を中心に~」でした。

先生方が講義のなかでお話しされた内容の一部を紹介します。

【食物アレルギーについて】

  • 食物アレルギーは、食品によって差異がありますが、成長に伴い軽くなることが多いです。
  • 外食メニューで「○○は使用していません」と記載されていても、調理器具等に付着している可能性もあるので、十分気をつけましょう。
  • 症状の重さによって、食事の進め方も違うので主治医の先生に相談しましょう。

【運動器疾患について】

  • 股関節脱臼や側彎症は早期発見が重要です。
  • 股関節脱臼については、赤ちゃんの抱っこの仕方やオムツの当て方にも注意しましょう。抱っこは、コアラ抱っこ(赤ちゃんと向かい合わせ)を心がけ、股関節が開くようにし、オムツは、股関節が自由に動くことに配慮し、きつく当てすぎないようにしましょう。
  • 側彎症は、思春期の女の子に多く見られ、肩の高さ、肩甲骨やウエストランインの左右差が出てきます。また、前屈した時の背中の高さの左右差でも、分かることがあるので、ご家庭でもチェックしてみましょう。

 講義のあとには、「卵アレルギーの場合、インフルエンザのワクチンを接種してもよいでしょうか」、「家族で股関節脱臼の者がいる場合、子どもも脱臼になりやすいのですか」など、多数の質問がよせられ、普段抱いている疑問を医師に直接聞ける良い機会にもなりました。

 

 

イベントレポート
  • イベントをさがす
  • WAIWAIカフェ 公式Facebookページ
  • 高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト