現在の位置

公園の理念・目標像

公園の理念・目標像について

 本公園では、「市民とともに育てつづける」をコンセプトに、市民による市民のためのイベントやプログラム提供が展開されるよう、市民とともに考え整備し、時代やニーズにあわせて成長していく、市民参画型の公園づくりに取り組んでいます。

 そのためには、公園づくりの柱となる理念や目標像を市民の皆さんと共有し、公園づくりを一緒に進めていくことが大切であると考えています。

理念

都心にある 史跡安満遺跡と京大農場跡地の 歴史・環境資産を活かし 豊かな市民生活の発展と 新たな市民文化醸成の拠点として 高槻市のシンボルとなる 市民共有の公園を 市民とともに育てつづける

目標像

歴史資産の保全・活用

  • 約2,500年前、安満山を望む葦辺で稲作を始めた弥生の開拓者達。環濠がめぐる居住域、低湿地と一体をなす生産域や墓域の広がりを体感でき、安満の地に根付いた高槻市民の遠い祖先にあたる弥生人の成長と発展に想いを馳せる歴史的空間づくりを進めます。
  • 郷土への誇りと愛着を醸成し、特色ある地域文化を広く発信するため、歴史学習と体験の場、交流と憩いの場づくりに取り組みます。
  • 高槻市の特色の1つである多様な歴史資産をめぐる歴史ネットワークの拠点を形成します。

地域防災力創生の場

  • 減災をキーワードに、自助・共助の心を育む防災教育の場づくりによって、市民とともに地域防災力の向上を図ります。
  • 都心の貴重なオープンスペースに、災害時の広域避難地として安全に避難できる機能を確保するとともに、ボランティア拠点や応急仮設住宅候補地等の機能も付加しながら、柔軟に活用できる防災空間づくりを進めます。

みどり豊かな景観・環境の創出

  • 市民の多様な利用に供するとともに、生物生息に配慮したみどりのオープンスペースを創出します。
  • 中心市街地とつながる都市の日常的空間から、安満遺跡と京大農場の歴史・環境資産にいたる、時間的・空間的連続性を表現します。

成熟化社会に向けた公園

  • 心の豊かさを実感できる成熟化社会にふさわしい、新たな屋外型ライフスタイルを創出します。
  • 新たなにぎわいと交流の創出へ向けて、都心の立地特性を活かした都市活動や、隣接する子どもの拠点施設と連携する場づくりに取り組みます。
  • 公園を市民共有の資産として活用し、魅力的な市民サービスや市民活動に還元される公園経営の仕組みをつくります。

高槻版市民が育てる公園づくり

  • 高槻市の特色である活発な市民活動の活躍と交流の場づくりを通じて、市民による市民のための多彩なサービスが展開する仕組みをつくります。
  • 多様な人々の意見交換と連携の場を通じて、社会のニーズに対応した段階的な運営や整備を行う、成長する公園づくりに取り組みます。
お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 安満遺跡公園整備室
高槻市役所 本館5階
電話番号:072-674-7393
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる