現在の位置

会計用語集

「指定金融機関」

地方公共団体が公金の収納又は支払いの事務を取り扱わせるために置く金融機関をいいます。
指定金融機関の指定には議会の議決を要し、かつ、一地方公共団体を通じて指定金融機関たる法人を指定する際には、二法人以上を同時に指定することはできません。

高槻市では、株式会社りそな銀行と株式会社三井住友銀行の2行を、隔年ごとに10月1日付で1年間指定しています。

平成28年10月1日~平成29年9月30日 (株)りそな銀行

平成29年10月1日~平成30年9月30日 (株)三井住友銀行

と順次交替で指定します。

「指定代理金融機関」

地方公共団体の長が、指定金融機関の取り扱う公金の収納及び支払いの事務の一部を代理して取り扱わせるために指定する金融機関をいいます。
指定代理金融機関については、数の制限もなく、また指定にあたって議会の議決を必要としません。

高槻市では、株式会社りそな銀行と株式会社三井住友銀行の2行のうち、指定金融機関に指定していない銀行を、隔年ごとに10月1日付で1年間指定しています。

平成28年10月1日~平成29年9月30日:(株)三井住友銀行

平成29年10月1日~平成30年9月30日:(株)りそな銀行

と順次交替で指定します。 

「収納代理金融機関」

地方公共団体の長が、指定金融機関の取り扱う公金の収納事務の一部を代理して取り扱わせるために指定する金融機関をいいます。
収納代理金融機関については、数の制限もなく、また指定にあたって議会の議決を必要としません。

指定代理金融機関と収納代理金融機関の主な相違点は、指定代理金融機関が、地方公共団体の公金の収納及び支払い事務の一部を取り扱うのに対して、収納代理金融機関は、公金の収納事務の一部を代理して取り扱うというところにあります。

高槻市では、平成28年10月1日現在、以下の金融機関を収納代理金融機関に指定しています。

 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、近畿大阪銀行、京都銀行、関西アーバン銀行、

 滋賀銀行、みなと銀行、大正銀行、福井銀行、三井住友信託銀行、池田泉州銀行、

 京都信用金庫、北おおさか信用金庫、京都中央信用金庫、近畿労働金庫、

 ミレ信用組合、近畿産業信用組合、高槻市農業協同組合、ゆうちょ銀行  (順不同) 

「支出負担行為」

支出の原因となる契約その他の行為をいい、支出命令行為とは別個の行為として法定されています。
当該支出負担行為をしようとする内容を具体的に示す書類を作成して、それぞれの決裁区分により決裁を受けるのが、原則的な形です。 

「支出命令書」

地方公共団体の長が、当該団体の歳出について、会計管理者に対しその支出を命令することを支出命令といいます。
その命令内容を書面に表したものを支出命令書といいます。 

「決算」

一会計年度の歳入歳出予算の執行の結果の実績を表示するため調製される計算表をいいます。決算により歳入歳出予算に対する実際の収支状況があきらかにされ予算の適正な執行の有無が確認されます。
(参考:「市の財政」-「決算の状況」) 

市の財政

お問い合わせ先
高槻市 会計課
高槻市役所 本館1階
電話番号:072-674-7102
FAX番号:072-674-1085
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる