現在の位置

平成30年住宅・土地統計調査を実施します

平成30年住宅・土地統計調査

調査は、平成30年10月1日現在で行います。

住宅・土地統計調査は、「統計法」(国の統計に関する基本的な法律)に基づく基幹統計調査で、昭和23年から5年ごとに行われ、今回は15回目の調査に当たります。

調査の目的

この調査では、住宅数や国民の居住状況のみならず、

  • 高齢化社会を支える居住環境
  • 耐震性・防火性といった住宅性能水準の達成度
  • 土地の利用状況

を明らかにすることを目的としています。

また、居住環境対策として、空き家対策の重要性は年々高まっており、「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行、住生活基本計画において初めて空き家に関する成果指標が設定されたことから、住宅・土地統計調査において空き家の実態を把握することとしています。

調査の対象

全国約370万世帯の方々を対象とした大規模な調査で、高槻市では調査区内に住んでいる世帯の中から一定の抽出方法により選定した約6,800世帯が対象です。

調査の方法

大阪府知事より任命された調査員が、9月上旬から調査区を巡回し、9月中旬から調査の対象となった世帯に「インターネット回答用の調査書類」を配布します。また、9月下旬からは調査対象世帯を訪問し、調査の趣旨を説明し調査票の記入をお願いします。

なお、調査票の提出については、次のいずれかの方法を世帯が選択することができます。

  • インターネット回答
  • 調査員への提出
  • 郵送による提出

※インターネット回答は、パソコン、スマートフォンやタブレット端末で簡単にできます。
 不正なアクセスなどの監視を24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。

 

また、調査員が調査対象住戸の外観を確認し建物の構造等を調査します。

個人情報は守られます

統計法では、調査対象者が安心して調査票に記入いただけるよう、調査員を始めとする調査関係者に対して、調査票の記入内容を厳重に保護することを定めています。

守秘義務
  調査に従事して知り得た個人や団体の秘密を漏らしてはならない

利用制限
  統計調査の目的以外に、調査票の記入内容を利用したり、提供してはならない

適正管理
    記入された調査票を適正に管理するための措置を講じなければならない

結果の利用

住宅・土地統計調査の結果は、国や地方公共団体における「住生活基本計画」の成果指標の設定、耐震や防災を中心とした都市計画の策定、空き家対策条例の制定などに幅広く利用されています。

  • 住生活基本計画
  • 国民経済計算(GDP等)の推計への利用
  • 最近の白書等における分析での利用
  • 地方公共団体における利用
  • 学術研究等への利用

かたり調査にご注意ください。

調査員が、金品を要求することや、銀行口座、クレジットカード番号をお聞きすることはありません。

政府の統計調査をよそおった不審な訪問者や、不審な電話・電子メールなどにご注意ください。

不審に思われた際には、回答せずに、速やかに市町村またはコールセンターにお知らせください。

※「かたり調査」とは、行政機関が行う統計調査であるかのような、まぎらわしい表示や説明をして、世帯等から個人情報等を搾取する行為のことです。

 

提出された調査票を、統計上の目的以外に使用することはありません。
皆様のご回答をお願いします。

関連リンク

外部サイトへ総務省統計局

外部サイトへ大阪府統計情報

お問い合わせ先
高槻市 総務部 総務課 統計チーム
高槻市役所 本館4階
電話番号:072-674-7418

ページの先頭へもどる