現在の位置

平成28年3月22日(火曜日)市長のものづくり企業訪問「紀陽食品株式会社」

濱田剛史市長が3月22日、紀陽食品株式会社(大塚町4)を訪問しました。

同社は、昭和44年に業務用食品卸として門真市で創業。昭和49年に法人化し、その後、平成8年に高槻市西面中に移転。平成26年に、粉体工場の拡大に伴い、現在地に本社工場を移転しました。

同社は、業務用食品卸を軸に据えながら、そこで培ったノウハウを活かし、極力添加物を使わない、たこ焼き、お好み焼きなどの原材料となるミックス粉をはじめ、顧客のニーズに応じた味付けのから揚げ粉等、「粉もん」商品の開発・製造分野にも力を入れています。

また、同社が企画・製造を行うオリジナル製品として、醤油が飛び散って着物等を汚すことがないように考案された泡状の醤油の原料粉末や、小麦アレルギー対応の米粉パンケーキミックス等があり、時代のニーズやトレンドに応じたユニークな商品も展開しています。

業務用食品の卸専業から粉体食品の製造へと業務を拡大し、卸と製造の両輪によって魅力的な製品を世に送り出す同社。濱田市長は、「粉もん」のプロフェッショナルとして食品業界を支える同社に、更なる発展を期待していました。

濱田市長(左)と藤下社長(右)

お問い合わせ先
高槻市 街にぎわい部 産業振興課
高槻市役所 総合センター 9階 
電話番号:072-674-7411
ファクス番号:072-675-3133
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

市長のものづくり企業訪問

ページの先頭へもどる