現在の位置

高槻市障がい者基本計画

計画策定の趣旨

高槻市では、すべての人の人権が尊重され、あらゆる面において差別のない平等な社会を築き上げることを目指して、昭和59年3月に策定した「障害者福祉に関する高槻市長期行動計画」をはじめとし、以後、平成9年3月には「高槻市第2次障害者長期行動計画」、平成15年3月には「高槻市第2次障害者長期行動計画『後期改定計画』」を、平成21年3月には、平成21年度から平成30年度までの10年間を計画期間とした「高槻市障害者長期計画(高槻市第3次障害者長期行動計画)」(以下、「前計画」という。)を策定し、障がい者施策を総合的・計画的に推進してきました。
前計画においては、社会情勢等を勘案し、必要に応じ見直しを行うこととしています。前計画の策定以前においては、国において様々な制度改革や法改正の動きがありましたが、計画策定後においても、制度改革の動きは依然として続いており、今後数年間で障がい者施策の転機となる法律の施行や、制度の見直しが控えています。
そのため、前計画の計画期間を平成26年度までに短縮し、新たに後継する計画として、「高槻市障がい者基本計画」(以下、「本計画」という。)を策定することとしました。

計画の位置づけと期間

本計画は、障害者基本法第11条第3項に基づく「市町村障害者計画」として、高槻市における障がい者施策の基本的な計画となるものです。また、本計画は、国の「障害者基本計画(第3次)」、大阪府の「第4次大阪府障がい者計画」等の内容を十分に踏まえながら、「高槻市総合戦略プラン(第5次高槻市総合計画)」の具体的な部門別計画として位置づけ、各分野の関連計画との整合・調整を図りながら策定しています。
本計画の期間は、平成27年度から、「高槻市総合戦略プラン(第5次高槻市総合計画)」の終期である平成32年度までの6年間とします。なお、社会情勢等を勘案し、必要に応じ見直しを行うこととします。

計画の理念と目標像

理念

障がいのある人もない人も みんながいきいきと暮らせる共生のまち

上記の理念のもと、次の3つの都市像を、本計画を推進するにあたって目指す目標像として掲げ、障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重しあいながら、いきいきと共生する社会の実現を目指します。

目標像

尊重しあい、支えあうまち

障がいのある人もない人も、地域社会を構成する一員として尊重しあい、支えあいながら、差別や偏見がなく、共に暮らし、働き、学び、憩えるまちを目指します。

身近な地域で安心して暮らせるまち

障がい者一人ひとりのおかれた状況、ライフステージ等に応じて必要となる生活基盤や支援の充実を図り、誰もが地域社会で安心して暮らせるまちを目指します。

一人ひとりが輝くまち

障がい者の多様な生き方や働き方が尊重され、個性と能力を十分に発揮し自己実現を図ることができるまちを目指します。

高槻市障がい者基本計画

高槻市障がい者基本計画 1~13ページ(PDF:439KB)

高槻市障がい者基本計画 14~45ページ(PDF:670.9KB)

高槻市障がい者基本計画 46~89ページ(PDF:505.5KB)

高槻市障がい者基本計画 90~最終ページ(PDF:211.2KB)

高槻市障がい者基本計画(概要版)(PDF:1.3MB)

高槻市障がい者基本計画(わかりやすい版)(PDF:84.6KB)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 福祉事務所 障がい福祉課
高槻市役所 本館1階 13番窓口
電話番号:072-674-7164
ファクス番号:072-674-7188
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

各種行政計画

ページの先頭へもどる