現在の位置

市章・市歌・市民の木・市民の花

市章

大阪市と京都市の市章を組み合わせ、高槻の高をかたちどったもので、京阪両都のちょうど中間に位置し、大きな役割を果たしながら、両都とともに発展する本市の姿をあらわしています。
 

市歌

昭和22年10月15日制定


1 東真澄める淀の水 西ははるかに妙見の
  眺めすがしき北摂に 誇る緑の健康地
  沃野の幸の満つところ おお田園の高槻市
  おお田園の高槻市
2 南なにわの黒煙 北にゆかしき京の街
  のぞむも中に地をしめて 咲くや理想の新文化
  真理の塔のたつところ おお文教の高槻市
  おお文教の高槻市
3 今ぞ自由の陽を仰ぎ 民主あかるき勤労の
  汗にこぞりてゆるぎなき 平和築かん大使命
  希望の槌のなるところ おお躍進の高槻市
  おお躍進の高槻市

市民の木 『けやき』
古名を「槻(つきの木)」「つきけやき(強い木の意味)」ともいい、室町時代(1390年頃)この地に大きな「槻」の木があり、その高さは20丈(約60メートル)にもおよび、昼間も暗いほど繁茂していたところから、地名も「高月」から「高槻」になったと伝えられています。

市民の花 『うのはな』
「うつぎ」ともいい、本市の史跡、玉川の里(西面(さいめ)地区に所在)に群生しています。古来、玉川の里は摂津の玉川として天下の6玉川の一つに数えられ、うのはなや月の名所として有名で、平安時代の歌道の隆盛に伴い、その歌枕として用いられました。

お問い合わせ先
高槻市 総合戦略部 政策経営室
高槻市役所 本館3階
電話番号:072-674-7392
FAX番号:072-674-7384
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる