現在の位置

しろあと歴史館

城と城下をゆく-デジタルで再現・高槻城3D映像-

江戸時代、3万6千石の城下町として栄えた高槻。その中心であった高槻城は、明治7年(1874)に破却され、今では、道筋や町名などで当時の面影をとどめるだけとなっています。

この「デジタルミュージアム・高槻城3D映像」では、大阪工業大学【吉川 眞 教授/都市デザイン工学科】の協力を得て、平成18年に高槻城と城下の様子を再現したものです。現在はさらにパワーアップした新しいバージョンとして、現代の高槻と江戸時代の高槻がオーバーラップした迫力のある映像を公開しています。それでは、かつての高槻城の威容と城下の様子をお楽しみください。作成経過などは「メイキング」のページをご覧ください。

城と城下をゆく-メイキング

1.城下から東大手門へ

現代の高槻上空から江戸時代の城下へタイムスリップ。東大手は江戸から「お国入り」する藩主が最初にくぐる門でした。

1.城下から東大手門への動画

2.桜馬場をぬけ城の中心へ

桜馬場は高槻藩のオフィシャルな広場。さまざまな行事が行われたことでしょう。ここから内側が城の中心でした。

2.桜馬場をぬけ城の中心への動画

3.二の丸から天守へ

藩主の御殿は二の丸にありました。その建物を眺めた後にいよいよ城郭のシンボル・天守へと迫ります。

3.二の丸から天守への動画

4.城と城下周遊

城と城下を上空から巡り、現代の高槻へと舞い戻ります。天守からスタートし、その空間の広がりを感じてください。

4.城と城下周遊への動画

お問い合わせ先
高槻市 教育委員会 教育管理部 文化財課 
電話番号:072-674-7652
メールを送る