現在の位置

高槻市で一緒に働きませんか

【令和2年8月7日掲載】

皆さんこんにちは。4月の人事異動で健康福祉部長から総務部長に代わりました関本です。健康福祉部時代は、就労支援や自殺対策、そして市営バス高齢者無料乗車証などについてご紹介をさせていただきましたが、今回は総務部長として「高槻市で一緒に働きませんか」と銘打ってご紹介させていただきます。

さて皆さん、「市民サービス」と聞くと何を思い浮かべますか。引っ越しの手続きや税金の支払い、市営バスなどを思い浮かべるかもしれません。しかし、実は皆さんが想像している以上に多岐にわたります。朝起きて、顔を洗う水は、市営水道から届けられ、市営の下水道を通って流れていきます。また、街へ出てみると、市道の街路灯があったり、市営の図書館があったりと、さまざまな市民サービスがあります。そして、この市民サービスを支えているのが市職員です。

広報誌やホームページで仕事の雰囲気を紹介

従来は、職員採用説明会などで市の仕事について知っていただく機会を設けているのですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、今年度は説明会を開催することが困難な状況となっています。そこで、広報誌たかつきDAYS8月号で、今年4月から職場に配属された新規採用職員3名による座談会を企画し、実際にどのような仕事をしているのかを紹介しています。採用されて半年も経たない職種の異なる3人が、自身の仕事について誇りと熱い思いを持って話をしてくれています。また、市ホームページでは、さまざまな職種の先輩職員の声も掲載しています。高槻市職員の仕事や職場の雰囲気、そして高槻市で働くことをイメージしていただける内容になっていますので、ぜひご覧ください。

窓口で受付をする様子

執務室で働く様子

先輩職員の声

たかつきDAYS令和2年8月号掲載 若手職員による座談会

職員採用試験を実施します

ここで少し今年度の高槻市職員採用候補者試験(採用試験)についてご案内します。本市では、令和3年度採用予定の採用試験を6月と9月に行っています。6月実施の採用試験については、選考が進んでいて9月中旬頃に最終合格発表を予定していますが、9月実施については、8月11日(火曜日)から事務系、技術系(土木・建築)、保育教諭、学芸員の5職種について募集いたします。事務系については、大学卒に加え、短大卒・高卒の方が受験いただくことができます。土木職、建築職、保育教諭、学芸員については、今年度初めての募集となります。

いずれの職種も9月20日(日曜日)に一次試験を実施します。募集要項など詳細については、市ホームページや広報誌たかつきDAYS8月号35ページをご覧ください。なお、本市では、試験を実施するにあたり、マスクの着用や当日の検温を実施していただいていることに加え、試験会場ではアルコール消毒液の設置、受験者同士の前後左右に一定の距離をとって3密の状況を作らないようにするなど、適切な新型コロナウイルス感染症対策を講じていますので、安心して試験に臨んでいただけます。

職員採用情報(令和2年度)

皆さんのご応募をお待ちしています

市職員に最も必要な資質とは一体何でしょうか。少子高齢化の進展による人口の減少、これまで想定しなかったような自然災害の頻発、新型コロナウイルス感染症の流行など、日本の社会全体が大きく変貌しています。このような状況にあって、市職員には、変化を恐れることなく、次々と現れるさまざまな課題に真正面から向き合い、市民の皆さんのために解決に向けて努力できることが求められていると思います。9月の採用試験では、やる気に満ち溢れている方、高槻市役所で自分の力を試してみたいと思っている方、高槻市、そして社会に貢献したいと考えている方、そんな皆さんにお会いできることを楽しみにしております。我こそは・・と思われる方はどしどしご応募ください。

最後になりましたが、雨、雨、大雨の連続で、心身ともに疲弊した梅雨が終わり、日差し厳しい夏日が続いています。夏バテや熱中症にならないよう、こまめな水分補給を忘れず、体調管理にご留意ください。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
関本 剛司の写真
関本 剛司
1960年(昭和35年)8月、大阪府生まれ。2020年(令和2年)4月から現職。趣味は、孫の世話を焼くこと。

ページの先頭へもどる