現在の位置

「どっちもたかつき」に代わる新たなキャッチコピーにご投票ください

【令和元年7月1日掲載】

皆さん、こんにちは。今年4月から総合戦略部長を務めています西田です。

大阪も梅雨入りし、集中豪雨や台風が発生しやすい時期となりました。市ホームページ内に風水害への備えに関する情報をまとめていますので、皆さんもご覧いただければと思います。

さて今回は、定住促進プロモーションで活用してきた「どっちもたかつき」に代わる、新たなキャッチコピー案への投票について、ご紹介いたします。

定住促進プロモーションについて

本市は、人口減少社会に対応するため、平成24年度からを第一次、平成27年度から平成29年度までを第二次期間として、「高槻営業戦略」という情報発信の基本指針を策定し、積極的に定住促進の取り組みを進めてきました。定住促進プロモーションは、20代から40代までの生産年齢世代が対象。子育て支援や教育環境の充実といった特徴的な施策とともに、交通利便性や豊かな自然、良好な住環境などの魅力的な地域資源を様々な手段で情報発信する取り組みです。多くの人に「住む街としての高槻」の魅力に気づいていただき、本市を選んでいただくため、鉄道中づりポスターなどへの広告掲出、職員が集客イベントなどで直接PRする「営業活動」を取り組みの柱としています。

JR京都駅デジタルサイネージ

JR京都駅デジタルサイネージ
(平成29年度)

JR中吊りポスター掲出

JR中吊りポスター掲出
(平成29年度)

住宅展示場での営業活動

住宅展示場での営業活動
(平成25年度~)

インスタグラムの活用

インスタグラムの活用
(平成28年度~)

プロモーションの効果について

平成26年から30年度までの本市の人口社会動態を年齢別に見ると、0~19歳で424人の転入超過となっています。しかし、その親世帯と見られる20~49歳は1,426人の転出超過となっています(グラフ1参照)。データから見ると、ファミリー世帯の転入が増えているものの、単身世帯や子どものいない夫婦世帯が転出が多く、全体として転出超過の傾向が継続していることがうかがえます。

人口社会動態(転入者数-転出者数)平成26年から30年

グラフ1

 

この傾向を、本市が平成28年7月から1年間、転出入の届出に来た人を対象に行ったアンケート結果で見ると、転出は単身世帯の割合が最も多く、次いで夫婦世帯となっています。転入は夫婦世帯が最も多く、次いで単身世帯となっています。また、転出と転入を比較すると、単身世帯の割合は転出の方が多く、夫婦世帯およびファミリー世帯の割合は、転入の方が多くなっています。さらに、20代、30代、40代の年代別で比較すると、いずれの年代も一人世帯は転出の方が多く、ファミリー世帯は転入の方が多くなっています(グラフ2~5参照)。

 

転出者および転入者の「転居後の世帯構成」

20から40歳代 全体の転出者と転入者のグラフ

グラフ2

20歳代の転出者および転入者の転居後の世帯構成

グラフ3

30歳代の転出者および転入者の転居後の世帯構成

グラフ4

40歳代 転出者および転入者の転居後の世帯構成

グラフ5

これらのことから、「どっちもたかつき」をキャッチコピーに約6年間取り組んだ定住促進プロモーションは、ファミリー世帯の転入促進と転出抑制、「子育てのまち高槻」というイメージの定着に一定の効果があったと認識しています。

新たな切り口による情報発信について

このことから、定住促進プロモーションは、ファミリー世帯に対して一定の効果があったものの、一方で、人口移動の総数が多い単身世帯や夫婦世帯にも訴求力が高い、新たな切り口による情報発信の必要性を認識しました。

そこで、定住促進プロモーションのキャッチコピーを、20代から30代までの単身世帯や夫婦世帯、いわば“準ファミリー層”を主な対象としたものに変更し、新たなプロモーションの軸を打ち出していきたいと考えました。

今回、新キャッチコピー案ができましたので、市民の皆さんが受けられる印象を教えていただこうと、7月3日(水曜日)から10日(水曜日)まで、投票を実施します。

新キャッチコピー案への投票について

新キャッチコピーとロゴデザインは、「今よりもより良い暮らしが実現できる」「都会的でオシャレなイメージ」「シンプルで分かりやすい」などを意図したデザインとなっています。 

投票は、以下のいずれかの方法で、行っていただけます。

投票方法

  1. 市ホームページ内「たかつきウェルカムサイト」の投票ページから投票する
  2. インスタグラムの市公式アカウント「takatsukicity_official」が投稿する新キャッチコピー案のいずれかに「いいね」する
  3. 総合センター1階南側通路で行うパネル展示会場で投票する

投票期間

令和元年7月3日(水曜日)から7月10日(水曜日)まで

新キャッチコピー案

A案 プレステージライフ

A案 プレステージ ライフ
拡がり感とシンボル的なデザインで、「より良い生活ができる高槻」を表現

B案 マイライフ、モアライフ

B案 マイライフ、モアライフ
ボックスで囲んだデザインで、「一人一人の生活に、一つ一つ価値を与える高槻」を表現

C案 シャイン ユア ライフ

C案 シャイン ユア ライフ
YOURの中にOURがあるデザインで、「あなた(ファミリー予備軍)と、私たち(高槻市民)の生活をより良くする高槻」を表現

 

今後、投票結果を参考に新キャッチコピーとロゴデザインに修正を加え、今年8月を目途に新キャッチコピーを決定する予定です。

私は、市民の皆さんにも、今は市外に住む人たちにも、高槻市で進学、就職、結婚、子育て、老後とライフステージを進めていただき、幸せに暮らしていただきたいと願っています。定住促進プロモーションをより効果的、戦略的に実施していくためにも、ぜひ新キャッチコピーにご投票ください!

関連リンク

外部サイトへ定住促進・特設「たかつきウェルカムサイト」

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
西田 誠の写真
西田 誠
1963年(昭和38年)、大阪府生まれ。2019年(平成31年)4月から現職。趣味はギター演奏。

ページの先頭へもどる