現在の位置

「わたしはだいじょうぶ」そんなあなたがだまされる!~詐欺電話防止機器を貸出中~

【平成30年5月7日掲載】

みなさん、こんにちは。市民生活部長の田中です。

新緑が鮮やかな季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて今回は、市内での特殊詐欺の被害状況や年金支給日に実施している啓発活動「特殊詐欺等未然防止キャンペーン」の内容、詐欺電話防止機器についてご紹介します。

多発する特殊詐欺にご注意を!

特殊詐欺とは、不特定多数の人へ、電話や手紙、電子メール、FAXなどを使ってお金をだまし取る詐欺のことです。

市内では、オレオレ詐欺や架空請求詐欺、還付金詐欺などの被害が多発しています。

平成29年の被害件数は前年より減少しましたが、被害金額は増加しており、まだまだ後を絶たない状況です。

被害者の8割が高齢者の方で、1件当たりの被害金額は、数十万円から数百万円にものぼります。

<市内の手口別被害件数と被害金額>

(高槻警察署調べ)

 

平成29年

平成28年

被害件数 被害額 被害件数 被害額
オレオレ詐欺 27件 約1億2千万円 17件 約1億2千万円
架空請求詐欺 23件 約1億3千万円 17件 約5千万円
還付金詐欺 22件 約2千万円 34件 約5千万円
その他 0件 0円 6件 約3千万円
合計 72件 約2億7千万円 74件 約2億5千万円

 

特殊詐欺等未然防止キャンペーン

キャンペーンの様子

本市では、高槻警察署と連携・協力し、偶数月の年金支給日(15日前後)に合わせて、増加する特殊詐欺被害の未然防止を目的に、JR高槻駅前や阪急高槻市駅前で「特殊詐欺等未然防止キャンペーン」を行っています。

この取組は、高槻警察署管内防犯協議会女性防犯部会「うのはな」、高槻市消費者団体連絡会、市内各郵便局の皆様にもご協力をいただいているもので、啓発チラシなどを配布し注意を促しています。

キャンペーンを実施する中で、「うちにも怪しい電話がかかってきた。気をつけます」とのお声も多数お聞きしています。

ぜひ啓発チラシなどをお受け取りいただき、ご自宅の目につくところ、電話機のそばなどに貼っておいてください。日頃からだまされないように心掛けをお願いします。

詐欺電話防止機器を無料貸出中

詐欺電話防止機器イメージ

固定電話にかかる特殊詐欺の被害を防止するため、本市では65歳以上の市民の皆様に、詐欺電話防止機器の無料貸出を行っています。

詐欺電話防止機器とは、家庭の固定電話に接続することで、過去に特殊詐欺などで使用された電話番号からの着信を遮断するものです。機器は小型で、ボタンも4つだけのとてもシンプルで扱いやすいものです(右記写真参照)。

 

該当する番号から着信があると、赤く点灯しつつ着信音が鳴らずに自動的に通信を遮断します。他の番号で、あらかじめ着信許可登録していない場合は、黄色に点灯して注意を促します。電話に出た場合でも、不審な内容であれば、拒否ボタンを押すことで電話は切れ、以降、その番号からの着信は遮断されます。また、着信許可登録をしている番号からの着信は、緑色に点灯し、安心して通話できます。設置は業者が行いますので、難しい設定などは不要です。

6年間、無料でお貸しします。月々のデータ更新料も、6年間市が負担します。まだ、機器の台数に少し余裕がありますので、お早めにお申し込みください。

代理の方の申請も可能ですので、ご関心のある方は消費生活センター機器貸出専用ダイヤル(072-686-0707)にお問い合わせください。

詳しくは、下記リンクをご覧ください。

詐欺電話防止機器を無料で貸し出します

<ご注意>

ご利用には発信者の電話番号を表示するサービス(ナンバーディスプレイ等)に加入していることが必要です。

※ナンバーディスプレイ等の加入については、電話の契約会社により初期費用および月額利用料金が必要となる場合があります。

相談できる場所を知っておきましょう

局番なしの「188(イヤヤ)」番に電話すると、最寄りの消費生活センターか消費生活相談窓口へご案内します。

「市役所の者ですが、ATMでお金を返金します」、「お母さん、急にお金が必要になった」

などの不審な電話や、

「料金の未払いがある」、「支払わなければ民事訴訟を起こす」

などの覚えが無い請求に、少しでも不安を感じられたときは、すぐにご相談してください。

消費者トラブルの相談受付

●消費者ホットライン (電話:局番なしの「188」番)

●高槻市立消費生活センター (電話:072-682-0999)

             (住所:高槻市紺屋町1番2号 クロスパル高槻2階)

高槻市立消費生活センターのご案内

最後に

本市では、特殊詐欺等未然防止プロジェクトチームを設置し、全庁あげて被害の未然防止に向け取り組んでいます。また、市民の皆様と協力し、悪質商法や特殊詐欺被害の未然防止に向けた周知・啓発活動を積極的に行っています。

しかし、未然防止のためには何より、私たち一人ひとりの「危機感」が大切になります。親族や知人とのコミュニケーションも未然防止の重要な方法の1つです。

決して他人事だと思わずに、家族や、身近な方と「危機感」を高め合い、悪質商法や特殊詐欺にだまされないようにしましょう!

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
田中 之彦の写真
田中 之彦
1959年(昭和34年)高槻市生まれ。2013年(平成25年)4月から現職。
趣味は家庭菜園と温泉めぐり。

ページの先頭へもどる