現在の位置

「『血圧にいいコト』にチャレンジ!いいモノもらえるキャンペーン」を実施中です

【令和3年10月1日掲載】

みなさんこんにちは、健康福祉部長の根尾です。

10月となり、さわやかな秋晴れが続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルス感染症の感染状況は未だ予断を許さない状況です。感染症拡大防止のために、引き続きマスク着用、こまめな手洗い・手指消毒、密を避けるなど、感染対策の徹底が重要です。不自由な生活が続きますが、引き続きのご協力を心からお願いいたします。

さて、この季節は「食欲の秋」などと言われますが、今回は「食」にも関連するお話です。

ご自身の血圧を把握していますか

血圧を測定する人

みなさんはご自身の血圧をご存知でしょうか。

本市の特定健診結果などを分析すると高血圧や高血圧に関連する病気で病院にかかる人が多いことがわかっています。血圧は健診の時に測定するだけという方もいれば、ご家庭で毎日測定している方もいらっしゃると思います。ご自身の血圧を把握して、血圧の値に応じて早めに対策をとることが重要です。血圧が高い方は必ず病院を受診しましょう。

また、高血圧は健康的な生活習慣を心がけることで発症や重症化を予防することができます。血圧が高めの方だけでなく、血圧が正常な方でも、予防のためにできることから生活習慣を改善することが大切です。

本市では、「はにたん適塩プロジェクト」として、「1食1グラムの塩分を減らそう」、「1日1皿の野菜料理を増やそう」を合言葉に、高血圧予防のための望ましい生活習慣を周知・啓発しています。

はにたん適塩プロジェクトとは

今回は、「はにたん適塩プロジェクト」の取り組みの一つとして実施している「『血圧にいいコト』にチャレンジ!いいモノもらえるキャンペーン」をご紹介します。

『血圧にいいコト』にチャレンジ!いいモノもらえるキャンペーンを実施しています

キャンペーンチラシ

今年度は、コロナ禍でもご自宅で気軽に健康づくり・高血圧予防に取り組んでいただきたいとの思いから、「『血圧にいいコト』にチャレンジ!いいモノもらえるキャンペーン」を実施しています。

当キャンペーンは、「はにたん適塩プロジェクト」が推奨する高血圧予防のための望ましい生活習慣『血圧にいいコト』13項目について、その中のいずれか1つ以上を1週間もしくは3週間実施し、その取り組み状況等を報告していただいた市民の方に新鮮で美味しい高槻産野菜をプレゼントするものです(多数抽選)。

これを機会に『血圧にいいコト』にチャレンジして健康といいモノを手に入れましょう!

「いつまでも健康でいたいから生活習慣を見直したい」、「血圧が高くなってきているので生活習慣を改善したい」という方はぜひ、当キャンペーンに参加して、生活習慣の見直しや改善のきっかけにしてください。実施期間は、令和3年9月5日(日曜日)から11月30日(火曜日)です。みなさまのご応募をお待ちしています。

『血圧にいいコト』一覧表
1 1日1回以上血圧を測定する
2 めん類の汁を残す
3 食べる時に追加の調味料を控える(しょうゆ、ソース、塩、ドレッシング等)
4 野菜料理を1日小鉢5皿分以上食べる
5 みそ汁等の汁物は1日1杯までにする
6 みそ汁等の汁物は具沢山にして汁の量を減らす
7 塩分の多い食品を控える(漬物、梅干、佃煮、干物、インスタント食品等)
8 栄養成分表示の「食塩相当量」を確認して食品を選ぶ
9 計量スプーンで調味料をはかる
10 天然のだしを使う
11 酸味・香味・香辛料・種実類をきかせて塩分を減らす
12 『適塩レシピ』『適塩レシピ2』の献立を1品以上作る
13 軽く汗ばむ運動を30分以上実施する(細切れでもOK)

酸味:酢、レモン、ゆず、すだち、かぼす等

香味:にんにく、しょうが、しそ、ねぎ、みょうが、パセリ等

香辛料:カレー粉、こしょう、唐辛子、からし、わさび等

種実類:ごま、くるみ、ピーナッツ類

※レシピは下記リンクからご覧ください。

おススメ適塩レシピ

キャンペーンの応募方法や記念品等について、詳しくは下記リンクをご覧ください。

『血圧にいいコト』にチャレンジ いいモノもらえるキャンペーン

キャンペーンチラシ(PDF:1.1MB)

キャンペーン応募用紙(PDF:592.3KB)

みんなで高血圧予防に取り組みましょう

家族で食事

高血圧予防のための望ましい生活習慣は、特別なことをするのではなく、日頃から簡単に取り組めるものばかりです。「適塩の味付けの食事を食べる」、「塩分の多い食品を控える」、「野菜をしっかり食べる」などは、大人だけが取り組むのではなく、子どもの頃から心がけておくことが大切です。

子どもも大人も一緒に望ましい生活習慣を心がけましょう。

特定健診を受けましょう

本市では、高槻市国民健康保険にご加入の40~74歳の方を対象に、特定健診・特定保健指導を実施しています。新型コロナの影響で、今は健診を見合わせているという方もいるのではないでしょうか。

特定健診は、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病につながるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を早期に見つけ出し、改善につなげることで、日本人の死亡原因の多くを占める心臓病、脳卒中などを予防することを目的とした健診です。

健診結果を見る人

生活習慣病などの基礎疾患がある方は、新型コロナが重症化しやすいと言われています。それを防ぐためにも、健診は大切です。健診結果により、生活習慣改善のための特定保健指導を受けることができます。

体は年々、変化しますので、新型コロナが怖いからと先延ばしにせず、ご自身の健康状態をチェックするために、1年に1回必ず特定健診を受けましょう。

高槻市国民健康保険特定健診・特定保健指導

いつまでも健康でいられるよう生活習慣を見直しましょう

毎日、忙しく生活していると、健康についてゆっくり考える時間はあまりないかもしれません。私は運動不足になりがちで、コレステロール値などが気になるので、健康診断を受診するほかに、健康チェックをかねて定期的に献血をしています。献血をすると検査項目は限られますが、無料で血液検査をしてもらえるので、社会貢献しながら健康チェックができます。

健康は1日にして成らず、毎日の生活習慣で作られます。当キャンペーンへ参加していただき、ご自身やご家族が生活習慣を見直し、少しずつでも改善するきっかけにしていただければ幸いです。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
根尾 俊昭の写真
根尾 俊昭
1965年(昭和40年)、大阪府生まれ。2020年(令和2年)4月から現職。趣味はドラマ・映画鑑賞。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる