現在の位置

「クリーンフェスタ高槻」を開催しました!

【平成28年12月2日掲載】

みなさん、こんにちは。産業環境部長の新美です。

吐く息も白さを増して、いよいよ冬の訪れを感じています。皆さま、体調管理にお気をつけください。

今回は、11月6日に高槻クリーンセンターで開催しました「クリーンフェスタ高槻」の様子をご紹介します。

このイベントは、愛される高槻クリーンセンターを目指して、市が取り組む環境施策を楽しく紹介するとともに、高槻クリーンセンター(ごみ処理施設)の運営への理解と関心をより深めていただくために、今回初めて開催しました。

当日は、曇り空で風が強く、少し肌寒い天候でしたが、午前10時のオープニングセレモニーから多くの方に来場いただき、約600名の来場者数となりました。

オープニングセレモニー

クリーンフェスタ・オープニングセレモニーの様子

オープニングセレモニーは、市立五領中学校吹奏楽部の素敵な演奏で幕を開けました。「テケテケはにたん」の演奏では、たかつきPR係長はにたんと高槻クリーンセンター若手職員が吹奏楽の素敵な音色に合わせてダンスを披露!

会場の子どもたちも一緒に踊りだし、会場は楽しい雰囲気に包まれました。

体験・展示ブースで施設や業務を詳しくご紹介

会場では、クリーンセンターのごみ処理工程を見学するツアーや新工場建設に関する説明・見学会、ごみ収集車による大型可燃ごみの破砕実演を行いました。また、害虫駆除業務紹介、水質検査体験、リサイクル品の展示、エコ除草、チップ及び腐葉土無料配布など、各課の業務に関連したブースのほか、環境や緑政課題に取り組まれている2つの市民団体にご協力いただきエコ工作を実施しました。

  ごみ収集車によるごみ破砕実演

ハチ・害虫駆除!スズメバチの巣を公開

ハチ・害虫駆除!スズメバチの巣を公開

新工場建設工事説明会

新工場建設工事説明会(建設現場見学)

新工場建設工事説明会2

 新工場建設工事説明会(パネル説明)

 リサイクル品を使った生活提案展示

    ヤギの「ゆき」ちゃん

    エコ除草のお仕事中

緑化リサイクルチップと薪の無料配布

高槻クリーンセンター見学後に作成された市内小学4年生の壁新聞などの展示

のんびりマイクロバスツアー

クリーンセンターを見学するマイクロバスツアーでは、通常の見学では立ち入ることができない作業場や設備を回りました。

ごみ投入ステージでは、ごみ収集車とごみピット(一時貯留庫)内で作業するクレーンを見学。

参加者からは、「でっかいクレーンやなぁ」と感嘆の声があり、クレーン作業の迫力を体感していただくことができました。

さらに、第一・第二各工場の焼却炉室内にバスで入場しての車窓見学のほか、ごみ計量機にバスごと載って総重量を当てるクイズでは、大変盛り上がりました。

地上120m!煙突登頂にチャレンジ

高槻クリーンセンター第二工場の煙突は、地上120mの高さがあり、大阪府内の清掃工場の中でも、トップクラスの高さを誇ります。

煙突内部は、512段のらせん階段が続いており、快晴時には、最上部から大阪市内のあべのハルカスや梅田のビル群が見えます。

参加者は、それぞれのペースを守りながら、途中、休憩を挟みつつ頑張って登られ、ほとんどの方が階段を登りきり、ゴール地点まで到達することができました。

開催日は、あいにくの曇り空で、見晴らしが良くありませんでしたが、窓から市内外の風景を眺めたり、記念写真を撮るなどして、地上120mの感覚を味わっていただきました。

脚力・体力に自信がある方は、来年、ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

水質検査体験で生活排水の汚れを学んでいただきました

水質検査体験の様子

水質検査体験コーナーでは、飲み残したジュースなどの水質検査やクイズラリーに参加していただき、生活排水の汚れや、自然環境の大切さについて多くの方に楽しく学んでいただくことができました。

子どもたちは、白衣の検査着を着られることがうれしいようで、熱心に水質検査やクイズに取り組み、最後に「こども水環境博士の認定書」を贈呈すると、とても喜んでいました。

市民団体による親子で楽しい工作体験!

管理棟3階フロアでは、環境問題に関する活動をされている2つの市民団体にエコ工作体験会を開催していただきました。

里山の保全活動や街路樹の景観向上などに取り組まれている、たかつき環境市民会議里山グループによる木の実工作のコーナーには、たくさんの子どもたちが集まり、グループメンバーに作り方を教わりました。その後、どんぐりや松ぼっくりにおもちゃの目を付け、驚いた表情の置き飾りや木の実の形状をいかした動物を作成。

また、鵜殿のヨシ原の自然と生き物の調査研究、保全活動に取り組まれている、鵜殿ヨシ原研究所によるヨシのコースター作りにも、たくさんのご家族が参加され、研究所メンバーに見守られながら、素敵なコースターを作られていました。

最後に

ご来場いただきました市民の皆様、また、ご協力いただきました団体の皆様、本当にありがとうございました。

ごみ処理施設は、市民の健康で文化的な生活の確保に不可欠なものです。本市唯一の一般廃棄物(ごみ)処理施設である高槻クリーンセンターは、地元、前島地区の皆様のご理解・ご協力のもと、日々適正に維持管理し、計画的・安定的に稼動しております。また現在、老朽化した第一工場に替わる高効率発電のエネルギーセンターを平成31年度稼動予定で建設しています。

本フェスタは今回が初開催でしたが、参加者からは、「広報活動が積極的に行われることで、相互理解が深まり良い事だと思います」「来年も見学ツアーを開催してください」など、次回の開催を希望する声を多く聞かせていただきました。

今後も市は、本フェスタが皆様に楽しんでいただきながら、施設運営や環境施策を知っていただく場となるよう、創意工夫を重ね、愛される高槻クリーンセンターを目指していきます。そして、市民の皆さまにはごみ減量や分別などの取組にご協力をよろしくお願いします。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
新美 英代の写真
新美 英代
1956年(昭和31年)6月、大阪府生まれ。2015年(平成27年)8月から現職。趣味は旅行、読書など。

ページの先頭へもどる