現在の位置

減量水量事業所関係

減量水量対象事業所申請書

水道水等の使用水量がその営業に伴い公共下水道に排除する汚水量と著しく異なり、次の条件のいずれかを満たす場合、公共下水道使用者からの申請により「減量水量対象事業所」に認定し、申告された汚水排出量に基づき下水道使用料を算定します。

(1) 製氷、食品等の製品化又はクーリングタワー、ボイラー等の使用により給水水量と公共下水道に排除する汚水量が著しく異なり、かつ、公共下水道に排除しない量(減量水量)が明確に把握できる事業所のうち、次の基準を満たすもの。

 1.月平均使用水量が500立法メートル以上であること(※月平均は1年間の平均値)

 2.月平均使用水量と月平均汚水排除量の差異(減量水量)が、月平均使用水量の20パーセント以上であること(※月平均は1年間の平均値)

(2) 下水道法第10条第1項ただし書きの適用を受けて公共下水道への排除を免除された設備を有する事業所であること。(※排水設備設置義務免除許可を受けた事業所)

 

申請書(EXCEL:33KB)

申請書(PDF:35.2KB)

記入例(PDF:60.4KB)

申告書(EXCEL:33KB)

申告書(PDF:39.1KB)

お問い合わせ先
高槻市 都市創造部 下水河川企画課
高槻市役所 本館7階
電話番号:072-674-7432
ファクス番号:072-675-3252
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる