現在の位置

未熟児養育医療給付

番号制度の導入に伴う窓口の変更点について

平成28年1月1日以降は、番号制度の規定に基づき、申請時に個人番号の記載及び窓口に来られる方の本人確認等が必要となります。

このことに伴い、必要な書類が一部追加となっておりますので、「必要書類」をご確認ください。

未熟児養育医療給付制度とは

身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする乳児に対して、その治療に必要な医療費を市が負担する制度です。養育医療給付を受けることができるのは、全国の指定養育医療機関での治療に限られます。なお、世帯の所得税額に応じて、自己負担金が生じます。

対象者

高槻市内に居住する未熟児で次に掲げるいずれかの症状を有し、医師が入院養育を必要と認めたもの。

 出生時体重  2,000グラム以下

  一般状態

  • 運動不安、けいれんがあるもの
  • 運動が異常に少ないもの

  体温  摂氏34度以下

 呼吸器循環器系

  • 強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
  • 呼吸数が毎分50を越えて増加傾向にあるか、又は毎分30以下のもの
  • 出血傾向の強いもの

 消化器系

  • 生後24時間以上排便のないもの
  • 生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
  • 血性吐物、血性便のあるもの

  黄疸 生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの(重症黄疸による交換輸血を含む)

費用

保険医療費の自己負担分の一部を公費負担

申請方法

未熟児養育医療給付制度申請案内をご覧いただき、退院されるまでの間に下記の申請窓口までご申請ください。ご不明な点などありましたらお問合せください。

申請案内(平成29年11月13日更新版)(PDF:311.3KB)

申請に必要なもの

1.番号確認のための書類

  個人番号カード又は通知カード

    (対象であるお子さま、扶養義務者及び受診者と生計を一にする者全員分。

     ただし、お子さまについては未取得であっても申請可能です。)

2.本人確認のための書類

  個人番号カード、運転免許証、健康保険証等

    (窓口に来られる方のもの)

3.養育医療給付申請書兼同意書

    (平成29年11月13日より様式が一部変更となりました)

申請書兼同意書(PDF:95.8KB)

 記入者:保護者

4.養育医療意見書

養育医療意見書(PDF:112.7KB)

 記入者:指定医療機関の担当医師

5.養育医療世帯調書

世帯調書(PDF:93.4KB)

 記入者:保護者

6.誓約書

誓約書(PDF:6.4KB)

 記入者:保護者と保証人

保証人は、申請者(扶養義務者)と別世帯に属する者で、独立して生計を営む者に限ります。

7.健康保険証

お子さまが加入される予定の健康保険証で結構です。

8.印鑑(認印可)

9.所得税額等を証明する書類

高槻市に転入された方(ただし、申請される月によっては不要です)、世帯外扶養義務者が高槻市外に在住されている方は必要となります。詳しくは下記までお問合せください。

申請窓口(平日午前8時45分から午後5時15分まで)

 ・保健センター:高槻市城東町5番1号 (電話 072-661-1108)
 ・西部地域保健センター:高槻市富田町2丁目4番1号 (電話 072-696-9460)

 

お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子ども保健課
(保健センター) 
〒569-0052 高槻市城東町5-1 地図
電話番号:072-661-1108
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる