現在の位置

しろあと歴史館 第42回企画展「侍アート 高槻の武具 ~刀・槍・甲冑~」【10月10日~12月6日】

お知らせ

(令和2年10月1日掲載)

 

しろあと歴史館 第42回企画展は、10月10日(土曜日)から12月6日(日曜日)まで開催します。

ご来館に際しては、下記しろあと歴史館トップページの「新型コロナウイルス感染症拡大防止対策」をご確認ください。

しろあと歴史館 トップページ

刀剣や甲冑に代表される日本の武具はその精巧な出来から、戦いでの実用品としてだけでなく、美術工芸品としても高く評価されています。高槻市立しろあと歴史館は、故川口善弘氏より寄贈を受けた「川口コレクション」をはじめ、高槻藩士の子孫や市内の旧家・社寺から寄贈・寄託を受けた刀剣類や甲冑の優品をはじめとする武具を多数収蔵しています。

藩士が用いた槍は、高価な十文字槍から標準装備とみられる簡素な直槍まで幅広い作域のものが伝来しています。そして藩士の甲冑には、兜に藩が意匠を定めた前立を付けるなどの特徴があります。また、町や村では、防犯のため家々に槍や薙刀を常備していました。そして、有力な町民や農民にとって、正装の際には脇指が欠かせませんでした。

今回の企画展では、高槻市域に伝来したこれらの武具を特集し、ご紹介します。

高槻藩主永井直清が大坂の陣で着用した甲冑

 

高槻藩主永井直清が大坂の陣で着用した甲冑    

会期

令和2年10月10日(土曜日)~12月6日(日曜日)


休館日:月曜日(11月23日は開館)、11月4日(水曜日)、11月24日(火曜日)

 

開館時間:午前10時から午後5時(入館は4時30分まで)

会場

しろあと歴史館 1階 企画展示室     

観覧料

無料

第42回企画展 侍アート高槻の武具チラシ(表)(PDF:362.6KB)

第42回企画展 侍アート高槻の武具チラシ(裏)(PDF:966.8KB)

講座・講演会

しろあと歴史館 学芸員講座「高槻の甲冑と刀剣・槍」

今城塚古代歴史館 秋冬企画展

今城塚古代歴史館 秋冬企画展「三島埴輪総覧」【10月10日~2月23日】

お問い合わせ先
高槻市 街にぎわい部 文化財課 しろあと歴史館
住所:高槻市城内町1-7  地図
電話番号:072-673-3987
ファクス番号:072-673-3984
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。