現在の位置

神峯山寺

神峯山寺
名称 神峯山寺(かぶさん じ)
所在地 高槻市大字原
電話番号 072-688-0788
交通 JR高槻駅北口から市営バス<原大橋>行き「神峰山口」下車、徒歩約20分(約1.5km)
備考 阿弥陀如来坐像・聖観音立像は昭和25年8月、国の重要文化財に指定

 

参道から本堂をのぞむ

参道から本堂をのぞむ

神峯山寺は、根本山と号して天台宗に属し、毘沙門天を本尊とします。
寺伝によれば、役小角(えんのおづぬ)が開山し、宝亀年間(770頃)に開成皇子が箕面の勝尾寺から入山して創建、僧坊21・寺領1.300石に及んだといいます。当時、仏教の聖地として比叡山などと並んで七高山の1つに数えられ、大いに栄えたといわれています。
明和2年(1765)に焼失しましたが、ほどなく安永6年(1777)、再建されました。現在は宝塔院(本坊)・寂定院・龍光院の3院となっています。
境内には十三層の光仁天皇分骨塔や開成皇子埋髪塔、開山堂などがあります。

参道の入口には、京坂越えを行き来した荷役牛を供養する牛地蔵がまつられ、途中には勧請掛(かんじょう-がけ)があります。堂島の米商人らは、シキミを結んだ縄の高低長短によって、毎月の米価を占ったといいます。

牛地蔵

牛地蔵

勧請掛

勧請掛

神峯山寺の問い合わせ先

神峯山寺(高槻市大字原3301-1)
電話:072-688-0788

(外部リンク)神峯山寺

関連ページ

霊峰への道コース