現在の位置

古曽部・芝谷遺跡

古曽部・芝谷遺跡
名称 古曽部・芝谷遺跡(こそべ・しばたに いせき)
所在地 高槻市美しが丘一丁目他
時代・概要 弥生時代後期初頭 集落跡

 

遺跡全景

遺跡全景

古曽部・芝谷遺跡は、標高80~100メートルの丘陵上に営まれた最大級の高地性環濠集落跡です。丘陵の中腹に幅約5メートルの環濠が東西600メートル、南北500メートルに及ぶ居住地をめぐり、100棟以上の住居や木棺墓がみつかっています。
数多くの土器にまじって鉄製の斧やヤジリなども出土しました。このころ激しくなった集落間の争いを避けるため、こうした丘陵上に移住したのだといわれています。

大環濠

大環濠

焼失した住居あとから出土した土器

焼失した住居あとから出土した土器

芝谷地区12号住居跡出土。水や米を貯える壷、煮炊きに用いる甕(カメ)、食器である高杯や鉢など、合計45点が使われていたそのままの場所からみつかっています。