現在の位置

史跡今城塚古墳

史跡今城塚古墳
名称 史跡今城塚古墳(しせき いましろづか こふん)
所在地 高槻市郡家新町
時代・概要 古墳時代後期
備考 昭和33年2月、国の史跡に指定

古墳群コース

全景

今城塚古墳全景

史跡今城塚古墳は、三島平野のほぼ中央に位置し、淀川流域では最大級の前方後円墳です。西向きの墳丘の周囲には二重の濠がめぐり、総長約350メートル・総幅約360メートルをはかり、日本最大の家形埴輪や精緻な武人埴輪が発見されています。
今城塚古墳は、531年に没した継体大王の真の陵墓と考えられ、古墳時代の大王陵としては唯一、淀川流域に築かれた古墳です。
平成9年度から10カ年にわたる確認調査により、古墳の規模をはじめ、のちの城砦や地震による変形の様子など、貴重な成果が得られています。なかでも平成13・14年度の調査で北側内堤からみつかった埴輪祭祀区(はにわ さいし く)は、大王陵での埴輪祭祀の実態を示すものとして大きな注目を集めています。
なお今城塚という名称は、戦国時代に城砦として利用された伝承にもとづくもので、江戸時代の絵図にも今城陵(いまきのみささぎ)などと記されています。

ハニワの出土状況(埴輪祭祀区)

ハニワの出土状況(埴輪祭祀区)

家形埴輪

家形埴輪

神殿風に屋根を飾る高床式の家
高さ約170センチメートル

関連ページ

いましろ 大王の杜