現在の位置

妙見宮常夜灯石灯籠<みょうけんぐうじょうやとうせきとうろう>

三島江の渡しの上り口だった所に残っているもので、神峯山寺参道の石標には享和元年(1801年)に建立されたとある。享和2年(1802年)の大水害に耐えて現存しているのは貴重で、参詣客の往時の目印になったのが偲ばれる。

妙見宮常夜灯石灯籠(神峯山寺毘沙門天参道石標)の写真

住所

 高槻市三島江 淀川堤防沿い

エリア

 三島江

アクセス

 三島江バス停より5分

最寄駅・バス停

 三島江バス停

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史