現在の位置

八丁松原<はっちょうまつばら>

高槻の城下町に入る六口のひとつで、京口と呼ばれた高槻城から西国街道まで続いた松の並木道。慶安2年(1649年)に、高槻城主・永井直清によって整備され、現在の八丁畷町・松原町に名残をとどめる。

八丁松原の写真

住所

 高槻市松原町~八丁畷町

エリア

 八丁畷

アクセス

 阪急高槻市駅より徒歩3分

最寄駅・バス停

 阪急高槻市駅

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史