現在の位置

江戸時代の道標<えどじだいのどうひょう>

富田地域には古い道標が多いが、この江戸時代の道標には「左たかつき」、「右からさき」とある。この石柱の場合は下位部分が幾重ものアスファルトで埋もれ、中位部分に衝突があったのが斜めにヒビが入っている。今では道標役でなく、八百屋さんの前を走る車からの守護役になっているようだ。

江戸時代の道標の写真

住所

 高槻市登美の里町22

エリア

 富田

アクセス

 富田東バス停より徒歩1分

最寄駅・バス停

 富田東バス停

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史