現在の位置

二人塚 玉川墓地<ふたりづか たまがわぼち>

鳥羽伏見の戦いでおちのびてきた会津藩士が追ってきた味方を敵と間違えてしまう。これにより2人は自害したという伝承のある二人塚があるといわれている。その塚は大きな2本の松が目安と言われていたが、この辺りの松は15年くらい前には枯れてしまったらしく今では塚の場所も地元の方もわからない。また、この墓地には中田屋治兵衛も眠るという。

二人塚 玉川墓地<ふたりづか たまがわぼち>

住所

 高槻市西面北2

エリア

 西面

アクセス

 阪急バス 西面大橋バス停より徒歩5分

最寄駅・バス停

 阪急バス 西面大橋バス停

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史