現在の位置

大道法師の碑<だいどうほうしのひ>

藤の里にある大道法師の石碑。「大道法師」とは2説あり、1つは大道寺=キリシタン寺院の法師、すなわち神父をあらわすという説。もう1つはダイダラボウシという治山・治水の名手にして、一夜で山を築き、池を掘り、川をつくる巨人という説。隠れキリシタンゆかりの地とも言われ、また昔から檜尾川や淀川の水害を鎮める意とも考えられる。

大道法師の碑の写真

住所

 高槻市藤の里町29

エリア

 藤の里

アクセス

 大冠校前バス停徒歩10分

最寄駅・バス停

 大冠校前バス停

  • どっちも高槻
  • 花カレンダー
  • 観光歳時記
歴史